「老化」が、話の腰を折らせる犯人か!?


こんにちは!Carinaです!


今朝、めずらしく時間にゆとりのあった夫に
娘の友だちの「コカド君」について
上機嫌に語っていたら、


「コカドってどっかで聞いたなー。
漫才コンビにおらんかった?」



と言うではありませんか。

いつもなら、
やや拍子抜けしながらも、


「あー、おったなあ。あの、なんか、こう、もじゃもじゃっとした…」
「そうそうそうそう」
「ああ、何ていうコンビやったっけ?」
「うーん、何やったかなー」
「うーん、うーん」
「ほら、あのー」



と夫婦手を携えて行う、
「その人の名前、何やったかな大作戦」
突入するんですが、

今朝のわたしは、
娘のクラスメートである「コカド君」が
いかに楽しくて面白いキャラクターであるかを、
微笑ましく、楽しく、にこやかに話したいのであって
「コカド」という人の所属するお笑いコンビについて
話しあうつもりなんてこれっぽっちもないことを、
すんでのところで思い出し、



「そのコカドは、いまは知らん」



と最小限の言葉で話を本流に戻すことができ、
このところ頻出する
夫の「有名人 顔・芸名記憶内符合活動」に不本意ながら巻き込まれて
ようやく思い出したときには、
いったい話の端緒は何だったのかが思い出せなくなっているという
本末転倒の難事をかろうじて逃れることができました。


しかし、その後、
台所に立ち、食器を洗いながら
ふと思ったのです。

この、コカドはコカドでも
違うコカドに話題がずれるという
「コカドずらし」は、

たとえば、小学校低学年の担任の先生が
ちーっとも話を聞いていない子どもたちに
「明日は移動文庫が来ますからね~♪」
(なんて言うシチュエーションが
あるのかどうかわかりませんが、
ま、あるということにして)
小学生低学年男子たちは、
ちーっとも聞いていないだけに
音の類似だけに反応して、
「移動う○こ!移動う○こが来るーーー!!」と
むやみに大興奮するのに似ているんじゃなかろうか、と。


あれだな。
小学生低学年男子と同じく、
夫も話を聞いていないんだな。
やっぱり。



と。


でもって、さらに皿を洗いながら
思ったのです。

夫も、若いころなら、
わたしの話にテキトーにあいづちを打ちながら


「うん?コカドってどっかにおったな。
ああ、そうか、そうか。ロッチね、ロッチね。
はいはい。はいはい。
それにしてもあのロッチも、どうなんやろうなあ・・・」



と頭の中でこっそり「コカドずらし」を成し遂げ、
「ロッチ」という人気お笑いコンビの行く末を案じてみることにし、
ひとり、「芸人として生き抜いていく厳しさ」について
わが身と比べながら
ああでもない、こうでもないと考えをめぐらしてみる、という
ひそかな「退屈しのぎ」に興ずることができたのに、

いかんせん年を取って記憶力が減退したために


「うん、コカドってどっかにおったな。
あれ?だれやったっけ?だれやったかなあ。
うーん、うーん、うーん・・・」



と、退屈しのぎのスタートラインで、
いきなりつまづき、
一歩も前に進むことができず、
進退窮まって、



「コカドってどっかで聞いたな。
漫才コンビにおらんかった?」



と、まるで長時間潜っていた水中から
顔を出した一発目の呼吸みたいに
とっさに口にだしてしまい、
上機嫌でしゃべり続けている妻の話の腰をポキリと折る、
という結果になっているのでしょう。


これも老いのなせる技か!?


いやあ。
みなさんも、夫や親や年上の上司なんかに
同様の傾向が見られませんか(笑)


とは言うものの、
今朝の会話を思い出してみると、
夫の「直近の仕事の話」から
わたしの「コカド君の話」への移行が
どのように行われたのか
まったくもって思い出せません。


話の腰を折ったんでしょうか、わたしが。
それは、いったい、どんな方法だったのでしょうか。
無意識だけに、もんのすごく乱暴な方法で
ボキン!と折っているような気がしないでもなーし。


会話って話の腰を折りあうことなのかもね。


ちなみに「コカド君」じゃないほうの「コカドさん」が
ロッチというコンビに所属し、
もじゃもじゃのほうじゃないことは
ネットで確認してわかりました。
もじゃもじゃのほうの人は「ナカオカさん」でしたね。
覚えておきたいです。



【関連記事】興味ないとは思いますが、夫がらみの記事です♪お暇なら。
老眼に思う、「老い」という初体験。

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
一覧のページがすでに2ページになっていて自分がびっくり♪
リンク切れなどもあると思いますが、よかったらどうぞうわめづかい

★いつも応援クリックありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターにも、思いを書いています!レス、もっとも速いです。
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

関連記事

スポンサーリンク