ブティックの「ガラスの壁」突入の巻。


80年代の中ごろ、
女性の昇進には、ガラスの天井があると言われていました。
「見えない昇進の壁」ということでしょうか。

それから30年近くたちましたが、
このブログを読んでくださっている方のなかにも、
「いま、まさに、その壁に、頭をぶつけているところです」
という方もいらっしゃるかもしれませんね。

向こう側がくっきりと見えていて
すぐに行けそうなのに行けない。
透明だけど分厚くて、
無理に突破すると傷だらけになりそうな、
首の骨を骨折しそうな、ガラスの天井。

わたしは、アルバイトからフリーという、
お気楽な風来坊路線を歩んできたので、
ガラスの壁に頭を打つ苦労も機会もなかったのですが、


そんな生き方の報いか。このごろ、


ああ、わたしには
「ガラスの天井」はないけども、
「ガラスの壁」があるな。


ということがわかりましたよ。
どこにあるか、というと


百貨店やファッションビルの
ちょっと高級そうなブティックの
入り口のところにあるんです。



というか、ブティックの居並ぶフロア全体に
「ガラスの壁」がそびえていて、
壁の向こうに入っていけず、
入っても買っちゃいけないよなーと節約心がささやき、
さらーっと素通りしてファストファッション店へと
直行するクセがついているのです(いや、ほんとに)


しかし。


いつもなら夏は比較的ヒマなので
テキトーな服で過ごしてきましたが、

今年は、気の張る仕事が間もなく始まるにもかかわらず、
おしゃべり会だってあるにもかかわらず、
「ボーダーを着る女は95%モテない」なんて本まで出て、
非モテ服の筆頭に躍り出たボーダー服や
どこか色あせたTシャツや、シャツや・・・
改めて見てみると、
あああ、どれもこれも、くたびれたものばかり。


ヨレヨレで行っていいのか>自分
しかも、50歳。本人がヨレヨレ。


というわけで、一念発起して、


この土曜日、わたくしは、
ボーダーニットに白パンツという
(ヨレヨレではあるが)
さわやかな部類に入らないとも限らない服装をしつつも、

心は、テロに立ち向かうジャック・バウワー(笑)。
「捨て身」という名の手榴弾でガラスの壁を爆破し、
おしゃれなブティック店内に突入、
目当ての服を一斉捜索するという行動に出ました。

で、試着室からりりしい顔で出てきたら、
店員さんが「ああ、丈もいいですねー」と言って
シャツの裾を軽く触って直してくれたのですが、
そのときに、そうならなきゃいいなあと思っていた、
まさに、その場所を触られて、
隠していたユニクロ製合皮ベルト・ぼろぼろバージョンが
チョロっと露出しちまったのが、痛恨!
チョロットではありませんよ)


ま、この「ガラスの壁・大突入作戦」によって
なんてことない白い麻のシャツを買ったのですが、
せっかくですから、
このシャツを徹底活用して
この水曜の取材も
7月7日の「おしゃべり会」も
夫の実家にも登場するつもり。


「会う人たちがダブってないからいいのさ」
「見えないからボロでもいいのさ」



という「のさ発想」がすでに、
おしゃれじゃないんだけども
この性分と付き合って、早50年。
これも自分、と受け入れたい(笑)



【関連記事】昔すぎる記事で読んでみると恥ずかしいけれど、お暇ならどうぞ♪
これでいいのか!?ブティックの接客。

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
一覧のページがすでに2ページになっていて自分がびっくり♪
リンク切れなどもあると思いますが、よかったらどうぞうわめづかい

★いつも応援クリックありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターにも、思いを書いています!レス、もっとも速いです。
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
関連記事

スポンサーリンク