【つぶやき編】「いくつになっても」の敬老感。

今日も雨です。そちらは、雨ですか?


ずっと以前、「おいくつですか」と聞かれ
「48歳です」と答えたら、
「わー。お元気ですね!」と言われ
「そこは、お若くみえますねじゃねぇーー」と心の中で
ダメだしした話を書いたと思いますが(笑)


高齢化と
元気でリッチな中高年の激増により、
アンチエイジング熱が
吹き荒れる現在、


心優しく、礼儀正しい年下男子・女子が、
若さをほめよう、
敬意をしめそう、
どういっていいのかわかんないけど持ち上げよう、と
気をつかって、
ビミョーにすべってしまうこともありますねー。
仕方のないことです。若いんだもん。


「いくつになっても」も、
そんな言葉のひとつかもしれない・・・
と思ったそんな昨日のつぶやきです。


昨日は改行したけど、
今日は、面倒だからそのまんま。
(読みにくくてごめんなさい、ってか、読むほどのものでなし?)






t_Carina

あ、新しい一日が始まっているじゃないか。ビミョーな修正が入っていま、終わりましたー。今度こそ、寝よう。
07-05 00:11

そして今日のお弁当はロコモコ丼弁当。ハンバーグを使いまわすの巻。
07-05 10:21

姉から電話。コーラスサークルで独唱をすることになったと張り切っている。よかったねえ。小さい頃からやっていたこと、ピアノでも三味線でも踊りでもなんでもいいけど、芸は身をたすく。老後をたすく。好きなことはダラダラでいいから、手放さないことだなあ。ないとあるでは大違いだ。
07-05 10:23

ブログに広告依頼のメール。20代男性(営業)の人がちゃんと内容を読んで書いている良質メールなんだけども「女性がいくつになってもオシャレに関心があるのは、男性の僕から見てもうれしいことです」って。「いくつになっても」という所に漂う年寄り扱い、圏外扱いを感じるのは私だけでしょうか(笑
07-05 10:29

おしゃべり会の会場・バザールカフェに電話。特に連絡することはないけど、何せ、ここは店長さんが牧師さん。まじめで素敵な場所だが、営利目的じゃないため故意でない「ヌケ」とか「モレ」がちょい心配なの。でも、「辛いものが1つだけありますが大丈夫でしょうか」という返答。大丈夫だ、よかった。
07-05 18:03

モロヘイヤを付着させずに散歩を終え、晩御飯の片づけも終えました。諸連絡も終わりました。仕事はまだ終わってません。
07-05 22:34

そしてまたこんなときに、注文していた山盛りの完熟梅。でも、届けてくれた日本郵便のやせたおじいさん(に見えるんだ)が、箱を抱えたまま「梅っていい匂いするんですねえ~」と言う。わたしも箱に顔を近づけて「ほんとですねえ」と言った。うれしかったから帰ってきた娘に、まんま報告した。
07-05 22:38

関連記事

スポンサーリンク