オバチャンが、はしゃいでしまう理由。

 

自分もオバチャンなので

友人と待ち合わせしてお出かけするときなんか、

顔を合わせた瞬間に、つい、はしゃいでしまって

周りが見えなくなることがあるのは、なぜなんだろう、と

わがことながら、不思議に思います。

 

周りから見れば、

「あのオバチャンたち、何、喜んでんの?バカみたい」

という感じだったり、

「年取ってるくせに女子高生の気分かよ」って感じでもあるんでしょうが、

当の本人たちは、お互いへのあいさつや気遣いで

「あれも言わなくちゃ」「これも伝えなくちゃ」と忙しく、

それでもう手いっぱいになって、

つい、周囲が見えなくなるんですよねー。

 

決して、単純に、喜び騒いでいるわけではないのです。

 

んじゃ、なぜ、そんなことになるのか。

暇に飽かせて考えてみました。

すると、どーも、この「オバチャン型突発性大はしゃぎ症候群」は、

 


「おすまし」レベルの

大きな落差から生まれるのではなかろうか。


 

と思ったのです。

 

観劇でも、美術鑑賞でも、お食事でもいいんですが、

友だち同士(この場合は3人以上)、

いついつ行こうねと約束して当日を迎える。

いつもより、気合を入れてオシャレして出掛ける。

もう、家を出るときは、「おすまし度」マックス。

「いそいそ度」もマックス。

 

一人で電車に乗っているときも、

いつになく「おすまし&いそいそモード」。

 

このまま行き先が、

結婚式場とか、お茶会とか、重役会議とかなら、

「おすまし」を高レベルに維持したままでよいのですが、

そこに待つのは、よく知る「友」、

もしくはかつてよく知っていた「友」。

 

それぞれが、それぞれの家の玄関口から

高レベルのまま運び込んだ「おすまし」が

待ちあわせの名所や駅のホームで鉢合わせした瞬間、

いきなり、友だちという「ざっくばらん」な関係に叩き込まれる。

 

おすまし度100から

おすまし度ゼロレベルを逆側に振りきって、

ざっくばらん度100へ!

 

なぜかオシャレしている自分がビミョーに恥ずかしく、

同じようにオシャレしている友の気持ちがこそばゆく、

なぜかまったくオシャレしていない友の現況が気になったりし、

いずれにしろ何となく照れくさくて居心地が悪く、

「まあ、これ似合う」「ああ、いいね、これ」と

目についたことをほめ言葉にして連発したり、

「いや、これ、安かったの」「この頃、調子悪くて」と

マイナスアピールを早口でまくしたてたりしながら、

 

 

「おすまし」から「ざっくばらん」への

落下衝撃を和らげる。

 

 

さらに、お互いの「おすまし度」の差≒気合の差を

笑いと言葉とボディタッチなんかで埋めていく。

なんか、そういう、切実で動物的な行動だったりするんですよねー。

 

外に出かけたときのモードが、

「おすまし」と「ざっくばらん」しか持ちあわせがないと

「オバチャン型突発性大はしゃぎ症候群」を発症しやすくなるので、

その中間というのも変だけど、

自分なりの「平常モード」も持っておいたほうがいいのかな。

 

あるいは、

「今日は、わたし、すましているな」というときは、

「オバチャン型突発性大はしゃぎ症候群」発令警報も出ていると

すこーしだけ用心してみるとか。


わたしも用心して、オバチャンから大人への脱皮をめざします(笑)。


【関連記事】おばちゃんの元気の裏には、いろいろ陰影があるんですよねー。
「おばちゃんパワー」に秘められた真実。

こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
一覧のページがすでに2ページになっていて自分がびっくり♪
リンク切れなどもあると思いますが、よかったらどうぞうわめづかい

★本当にいつもクリックしていただいてありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターもぼちぼちやってます!レス、もっとも速いです。
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
関連記事

スポンサーリンク