老いた自分は、いつまでも慣れない「仮の姿」。

 

石垣りんという人の詩が好きで、

一時は、石垣さん自身が朗読しているCDを聞いたりしていました。

 

 

「おばあちゃんなのに、少女みたいな声だなあ。

童女だなあ。」

 

 

と思って聞いていたんですが、あるとき、娘に、

 

「この人、いくつぐらいと思う?」と聞いたら、

「80歳とか?」とそっけなく言われ、

 

あ、やっぱそうか。やっぱ、おばあちゃんに聞こえるんだな。

「ま、そうだよね~」と思いなおしたりしました。

 

 

その石垣さんに短い詩があるのを

最近、また本のなかに見つけました。

「かなしみ」という詩です。

 

--------------------------------

 

 

私は六十五歳です。

このあいだ転んで

右の手首を骨折しました。

なおっても元のようにはならないと

病院で言われ、

腕をさすって泣きました。

「お父さん

お母さん、

ごめんなさい」

二人とも

とっくに死んでいませんが

二人にもらった体です。

いまも私はこどもです。

おばあさんではありません。

 

--------------------------------

 

(いま、65歳というと「おばあさん」という感じではないですね。

85年の作品です。やっぱり、感覚が変わってきているんですね~)

 

ま、それはともかく、

 

 

おばあさんのなかに、こどもがいる!と思いました。

石垣さんの声といっしょです。

 

どんなじいさんであれ、ばあさんであれ、

その親がとっく死んで、いなくなっていても、

いまも「だれかの子ども」。

 

 

おじいさん、とか、おばあさん、とか、

それは、きっといつまでも

どこか「仮の姿」なのかもしれません。

 

 

だからこそ、受け入れようして、みんな、

意識的であれ、無意識であれ、必死になるのですねー。

わたしも、きっとそうなんだなあ。

 



「別冊 どうする?40代からのファッション&生き方」
今日も更新しています♪「ああ デパート。情熱と冷静のあいだ」

★ここにCDがついていました。代表作の「表札」も。



---------------------------------------------------------------------

【関連記事】表現は未熟ですが、ちょっと似た感覚かもしれません♪
おばちゃんでも、熟女でもない。

★その他の記事に興味のある方は↓
こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
一覧のページがすでに2ページになっていて自分がびっくり♪
リンク切れなどもあると思いますが、よかったらどうぞうわめづかい

★いつも応援してくださってありがとうございます!クリックしていただくとランクが上がります!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターもぼちぼちやってます!レス、もっとも速いです。
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
関連記事

スポンサーリンク