感情の「ひとつ手前」に伝えるべきことはあるのかも。

 

わたしは、長年、歯の治療を受けているんですが、

毎月1回、日曜日に

東京の先生が、大阪のお弟子さんにあたる歯科医院に来て

歯周病の治療をしてくれるのです。

 

自由診療なのですが、わたしの場合は、

「あ、先生。それは、そこまでお金をかけられないので、できません」

ってことを伝えないといけないわけです。いちいち。

 

わたし以外の患者さんのなかには

ものすごい遠隔地から新幹線でやってくる人もいるので、

こういうお願いをする人は、きわめて、まれです。

 

経済的事情は人それぞれなので

堂々としていればいいとは思うのですが、

わたしは、性格上、つい、うじうじと

 

 

やっぱり、こういう治療を受けるのが

身の程知らずなのかなあ。

お金がないなんて、カッコ悪いなあ。

でもなあ、ずいぶん、よくなったしなあ。

何か、こう、その間をとるような

いい方法がないかなあ。

 

 

なんて考えるわけです。

 

で、どうやって伝えるか、それなりに悩み、

「ああ、もう、いいや。自分が我慢すればいいんだ」

なんて、伝えることをあきらめようとする瞬間もあったりするんですが、

でもやっぱり納得できずに、さらに、いろいろウジウジした末に、

考えていることをそのまんま、伝えるようになったのです。

この、自分の葛藤のプロセスを。

簡潔にはするものの、できるだけ省かずに。飛躍させずに。

 

・先生の治療のここが気に入っていて感謝している。

・でも、この部分にかけるお金はないのです。残念ながら。

・でも、このままではいやなのです。

・別の解決策はないかなとずっと考えています。

 

という感じで。

こう、もんのすごくタイミングをうかがって切り出すのです。

 

「えー!そこまで気を遣わないでズバッと言えばいいのよ!」

というご意見もあろうかとは承知していますが、

まあ、もう少しだけ、聞いてくださいまし。

 

この「葛藤を順を追って話す話法」は、

「ズバッと要求を伝える話法」ほどの即効性はありませんが、

独得の緩やかな効果を発揮することに気づきました。

 

この東京の先生はどうやら、あるボランティア活動をしているらしく、

その活動にも「どうだ、ぼくって偉いだろ臭」がないことはないんですが、

そういうことの進捗状況を、なぜか、毎回、

わたしに話してくれるようになったのです。

「来年には、植樹祭に来てもらえそうですよ!」とか。

(え?そんな遠いところの植樹祭!?とギクッとしますが)

少しずつですが、いろいろ話しやすい関係にはなってきたのです。

 

で、思ったのです。

 

 

あ、もしかしたら、先生も、

儀礼的でない感謝の言葉に飢えていたのかもしれないなと。

 

 

もちろん治療のたびに「ありがとうございます」と言われるだろうけど、

患者さんもどこか、それを当然の医師の仕事と受け止めているからなあ。

そして、

 

 

裕福でない人にこそ、

「葛藤を順を追って話す話法」は

有効なのかもしれない。

 

 

とも思いました。

 

弱者の威圧的クレームは、敬意をもって迎えられないからです。

強さを誇示しようとする虚勢も逆効果になりがちです。

 

あるサービスに怒りや不満を覚えたとき、

怒りを爆発させるより、

その「一つ手前」から語るほうがいいのではないか。

 

「わたしは、こういうことを期待していたのです。

なぜなら、こういう大切な機会だったから。

ところが、残念ながら、こんなサービスしか得られなかった。

とても残念です」

 

というような「順を追って話す話法」です。

 

怒りの「ひとつ手前」

あきらめの「ひとつ手前」

放棄の「ひとつ手前」

嫌悪の「ひとつ手前」に、

自分は、どんな「期待」や「夢」を描いていたのか。

もしくは描いているのか。

そして、それがどのように裏切られたのか。

もしくは、どのように実現したいのか。

 

この「ひとつ手前」を、

しっかりと穏やかに伝えることができれば、

人間関係における消耗は、かなり防げるんじゃないだろうか。

 

というわけで、わたしは、しばらく、

「ひとつ手前主義」でやっていこうと思っています。


「ひとつ手前」のわたしは、意外にいいヤツなことが多いんです♪


「別冊 どうする?40代からのファッション&生き方」
今日は「YUKKEの今日もラテンステップで」。メキシコ女性が大きいお尻や胸を気にしない理由は?
こちらからどうぞ→★


---------------------------------------------------------------------

【関連記事】ウジウジ体質は、いたるところで発揮されます(笑)お暇ならどうぞ♪
プチ劣等感に心が痛むとき。

★その他の記事に興味のある方は↓
こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
一覧のページがすでに2ページになっていて自分がびっくり♪
リンク切れなどもあると思いますが、よかったらどうぞうわめづかい

★いつも応援してくださってありがとうございます!クリックしていただくとランクが上がります!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターもぼちぼちやってます!レス、もっとも速いです。
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
関連記事

スポンサーリンク