親を「自然に老いさせてあげる」のは、難しいのだ。

 

育ちざかりの子どもに

「そんなに身長が伸びてどうするのっ!」とか、

「そんなに、いろいろ、知恵をつけてどうするのっ!」と叱る大人は

ほとんど、いないと思いますが、

 

自分の親に

「そんなに忘れてどうすんの!」とか

「そんなに、あれもこれもできなくなって、どうすんの!」と叱る

子ども(大人になった子)は、いると思うんですね。

 

わたしたち姉妹が、そうでした。

 

 

a0027_001276

 

 

 

わたしは、親元を離れて好き勝手にやらしてもらった娘ですから、

そんなことを言う機会がそもそも少なかったけれども、

姉は、両親のことが大好きだったし、

老いゆく親の現実が受け入れられなかった。

 

父が、タバコで畳のあちこちに焦げ跡をつくること。

それでもタバコをやめないこと。

母がコンロの火を消し忘れること。

 

そういう「火の始末」の問題も、

離れて暮らす私たちにとって頭の痛い問題でした。

 

 

よその親は、あんなに元気でしっかりしているのに

うちの親はどうしてこうなんだ!?

 

 

そう思うことは、わたしにもあったし、

その何百倍も、週に1度は親元に帰っていた姉にはあったでしょう。

いずれにしろ、まあ、なんやかんやとうるさい姉妹(娘たち)だったのです。

 

 

親の老いを受け入れるのは、難しいですねー。

もしかしたら、自分自身の老いを受け入れるより難しいかもしれない。

 

 

そんなわけで、わたしたちの両親は、

「自分たちの老いを受け入れたくない娘たち」のために

「自分たちの老いを隠そう」と

ぎりぎりまで懸命に努力したように思います。

 

 

それでも、火を消し忘れたり、

転倒して起き上がられなかったり、

待ち合わせの場所からいなくってしまったり、

いろいろ粗相したりしましたが、

そのたびに、いま、思うと、照れたような

申し訳ないような、弁解するような顔をしていました。

 

 

母はまだ存命ですが、

父を思うたびに、

 

 

ああー。自然に老いさせてあげればよかったなあ。

 

 

と思います。

 

 

ま、いまだからそう思えるのであって、

また、父を前にしたら、

期待とか、依存心とか、甘えとか、

自分の生活を防衛する気持ちが働いて、

いろいろな感情が混ざりあい、

そんなことできないのかもしれないけども。

 

親への愛情は、

基本的に「依存」なので、

依存できないほど老いてしまうと、

愛情のような感情も自然と減退する。

それが、また、嫌だったりもするんですよねー。

 

 

 

自然に、

自由気ままに、

思う存分、

好き放題、

だれにも気兼ねなく、老いるってことは、

ほんとーに難しいことですよね。

 

 

そう思うと、あれだな。

アンチエイジングより

フリーエイジングを提唱したいな。

思う存分、老いに身を任す権利。

(英語の表現としてどうなのかな・・・という不安はあるが

ま、そんなことを思います。)



★今日はこちらにも書いています。タイトル長くてごめんなさい。↓
「あまちゃん」の「聖子ちゃんカット」や「あさイチ」の専業主婦問題など。ああ、しゃべりたいことは数あれど。


【関連記事】かなーり昔の記事ですが、よければどうぞ♪
アンチエイジングをどう考える?

★その他の記事に興味のある方は↓
こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
一覧のページがすでに2ページになっていて自分がびっくり♪
リンク切れなどもあると思いますが、よかったらどうぞうわめづかい

★いつも応援してくださってありがとうございます!クリックしていただくとランクが上がります!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターもぼちぼちやってます!レス、もっとも速いです。
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
関連記事

スポンサーリンク