昔の「フツーの女性たち」のインタビューを読む。

 

故・高峰秀子さんの「私のインタビュー」という本が面白くて、

この週末、奈良県・天川村の澄んだ川のほとりで

一気に読んでしまいました。

 

 

tenkawa

 

 

この本は、1958年(昭和33年)に高峰さんが、

「街の美容師さん」、「セールスウーマン」や

「サーカスの女性たち」、「ニコヨンさん(日雇い労働者)」、

「希交会の女中さん」など、

さまざまな一般女性たちにインタビューしたものなんですが、

 

 

わたしは、ここで初めて、かつて、この国に、

「家事使用人である女中による女中のための日本初のサークル」(希交会)が

あったことを知りましたよ。

 

 

雇い主の目を盗んでサークル活動をする女中さんたち。

そんな時代だったんだなあーー。

 

 

ベビーブームのあとですから、

当時は、もう、信じられないくらい子どもがあふれていて

子だくさんに苦しむ女性も多く、

産児調節運動が盛んに行われていたんですね。

 

 

もう、女性たちは、

避妊するにも

妊娠するにも

働くにも

何をするにも

ことごとく周囲に遠慮していますよ。

ちょうど、わたしの母世代と重なるんですが、

こういう価値観を生きてきたんだと

あらためて頭が下がる思いでした。

(なんせ、燃えないゴミがほとんどないので、

避妊具の捨てる場所に困り苦しむんですから)

 

 

あー。昔はよかったなんて言うまい。

ぜーーーったいに、たやすく、言うまい。

あー。今でよかった。今の時代に生まれてよかった。

 


と思います。

 

 

なかに「アメリカから帰った原爆乙女」というタイトルの

インタビューがあるんですね。

 

広島で被爆したケロイドを治療するために

アメリカに招かれた25人の女性のうちの一人に

話を聞いているものなんですが、

 

「原爆乙女」なんてネーミングされて注目を集めた、

この若い女性の言葉にものすごく複雑な葛藤を感じたので、

その後の人生が気になってネットで調べてみました。



ま、きっと何もないよねーと思いながら。

 

そしたら、生き生きと、堂々たる人生を歩んでこられて、

インタビューに明るくさっぱりとした言葉で答えておられました。

それも、カナダのカルガリーで。

美容師として生きてこられて。

自分の意志で日本を飛び出していたんです。

(こんなにすぐ調べられるネットもすごいな。

やっぱり、今の時代でよかった)

 

いやー。わたし、この本に登場している女性たちに

会ってみたいですよ。

もう、「おばあちゃん」といわれる年齢だろうけど、会ってみたいな。

 

バリバリの経営者や

現役の美魔女美容師さんや

優雅な奥さまや

いろいろな人がいるんじゃないかなあ。

 

毎度のことながら

これといって結論はないんですが、

高峰さんにインタビューされた女性たちが、

「元気すぎるオバサン」

「金も元気もあるバアサン」

としてあちこちの観光地や

劇場やレストランを女友達とオシャレして

闊歩しているかもしれないと思えば、うれしい。

 

もう亡くなっていても

そんな時期があったかもしれないと思うと、うれしい。

 

いい時代になったな。

いい時代に生きているな、と思います。







■「別冊!どうする?40代からのファッション&生き方」は、
 今週から土曜日も更新します。始まるのは、この連載↓↓
 「四十路独女じじょうくみこの「崖っぷちほどいい天気」」
  メルマガのサンプルページもご覧いただけます。
 今日は、アーユルヴェーダの記事も⇒


【関連記事】関連しているかビミョーですが、どうぞ♪
他人は、私の「若い頃」なんてどーでもいいという事実。

★その他の記事に興味のある方は↓
こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
一覧のページがすでに2ページになっていて自分がびっくり♪
リンク切れなどもあると思いますが、よかったらどうぞうわめづかい

★いつも応援してくださってありがとうございます!クリックしていただくとランクが上がります!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターもぼちぼちやってます!レス、もっとも速いです。
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
関連記事

スポンサーリンク