「家事」と「熟年離婚」の関係。多くの共感を得ました。

 

昨日から4周年記念に過去の人気記事をひっぱりだし、

「ああ、ここが今と変わっている!」とか、

「これは、さらに深まっている!」などと

あれこれつけ加えたり解釈しようという

本当に面白いかどうかはちょっと疑問の企画を始めています。

 

 

熟年離婚。妻から言い出すワケ。

 

 

これは、約4年前の6月の記事ですが、

書いた当時は、読んでいる人がほぼだれもいなかったので

シーンとしていました。

その後、「あれ、わかるー」などと言われることが多かったです。

 

 

-------------------------------------------------------------------------

 

多くの女性たちは、淡々とこなしているふりをしながら家事に携わり、
怒りや迷いや悲しみを何度も何度も何度も何度も反芻し、
自分の過去と現在と未来を何度も何度も行きつ戻りつ、
その繰り返しに自分自身もほとほと飽きたころ、
離婚を決めるのかもしれないなあ。

 

-------------------------------------------------------------------------

 

 

・・・なんて書いていますね。

これは、そんなに、はずれていないんじゃないかなあ。

 

 

たとえば、自分の下着を洗濯して干してたたむときも、

「ああ、そろそろ新しいものを買わないとなあ」とか、

「少しはキレイな色も着ないと、女っぷりがあがらないわー」

なんて自分自身の毎日に思いをはせ、

ときには、これまでの人生まるごと反省して

落ち込んだり、発奮することがあるように、

 

 

洗濯という一連の行為は、

夫や息子や娘や母や父や、そのほか、だれであっても

その下着や服を身につける「人」の行動や暮らしぶりや自分への対応の細部を

思い返すことにつながり、

思いをはせることにつながり、

その人と自分の関係を反芻することにつながる。

 

 

同じく、掃除であれ、料理であれ、

そういう性質があるように思います。

 

 

 

家事は、それがよい感情であれ、憎悪であれ、

家族一人ひとりを「思う」時間を重ねることであり、

家事をまったくしないことは、

家族のそれぞれを「思わない」時間を重ねることでもある。

 

 

家事、育児って、ハッピーな思い出だけを編むんじゃない。

陰影のある複雑な織物を編むのですよねー。

それって、思索を深めるってことなのかもしれません。



こちらも合わせて読んでいただければ、
より一層、おもしろく思っていただけるかもしれません。
(わたし、ずーっと同じこと言ってるな。成長なし(-.-)
↓↓
家事は、「情念の織物」でもある。



★インドの素敵な60代女性が登場しています。テーマはサリー!⇒
★明日、土曜日11時は、人気の「四十路独女じじょうくみこの「崖っぷちほどいい天気」です!

【関連記事】これも、初期の人気記事です。最初にコメントをいただいた記事のような気もします。
主婦が美しいファッションは?

★その他の記事に興味のある方は↓
こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
一覧のページがすでに2ページになっていて自分がびっくり♪
リンク切れなどもあると思いますが、よかったらどうぞうわめづかい

★いつも応援してくださってありがとうございます!クリックしていただくとランクが上がります!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターもぼちぼちやってます!レス、もっとも速いです。
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
関連記事

スポンサーリンク