バブル世代向けファッション誌、創刊。え?私世代ってこと?

 

こんにちは!カリーナです。

先日来、過去の人気記事をピックアップする企画を継続中です!

 

 

2009年10月の

 

 

求む!等身大の女性ファッション誌

 

 

この記事は書いた当初から

すごく反響がありました。

 

 

でも今読むと、隔世の感!

 

 

あれから4年弱の月日がたち、

いろいろな女性誌が廃刊になったり、

創刊されたりしましたもんねー。

 

 

この記事の少し後に

宝島社の40代向けカジュアル誌「GLOW」が出たんですよねえ。

 

 

そしていま、また40代から50代前半女性向けの

女性ファッション誌が創刊ラッシュなんだとか。

 

 

「DRESS」に続いて

世界文化社から「GOLD」が間もなく登場しますね。

 

 

なんか、タイトルがみんなピカピカですねー。

 

 

話があまりにもガラリと変わって恐縮ですが、

先日、NHKで放映されたカネミ油症患者の現在を追う

ドキュメンタリーを見ました。

 

 

登場する女性たちは、みなさん、

それぞれの困難を乗り越えているのですが、

前栽に水を撒いていたり、

古い住まいのちゃぶ台で話をしたり、

適度に清潔で、適度に散らかった台所で食器を洗ったりしていました。

 

 

そんな様子をじっと見ながら、

ドキュメンタリーの本筋とは違うところで、

「こうやって毎日、しっかりと生きてきた人たちなんだなあ」

と感じ入ったのです。

 

 

わたしが、日ましに、

ドキュメンタリーに登場する家を見るのが

好きになっていることにも気づきました。

 

 

何スタイルときっぱり言えない家。

習慣が年月となって空間に蓄積している、少し雑然とした家。

随所に、そこはかとなく家族のうちのだれかの停滞が見える家。

勤勉さと怠惰さが、日常生活の継続に支障なき程度に共存する家。

 

 

 

どの家も、どこか危うげで、

そのせいか、うっすらとなまめかしく呼吸しています。

幸せと不満の配合具合が、それぞれの家の個性です。

 

 

女性ファッション誌という「ショールーム」を飾る、

恋愛も、充実も、仕事も、輝きも、遊びも、挑戦も、

出産も、自由も、残年贅沢も、こなれ華やかも

おおよそ、すべての「現実の家」と比べると

無害で役に立たないおもちゃ、なんですね。

あたりまえだけど。

 

 

憧れを詰め込んだ新居が汚れていくことを

自分以外のだれも防げないように、

憧れを詰め込んだ人生の不全感を

自分以外のだれも解決してくれない。

 

 

それでも「言葉」の力は大きいから、

ファッション誌の表紙に踊る言葉を見るだけで、

毒気にやられることだってあるんです。

ショールーム的人生があるんじゃないかと錯覚する。

弱っているときなんかは、とくにね。

 

 

まあ。もう、いい年ですから、

いつまでも「バブル世代」とくくられることにご遠慮申し上げ、

「華やぎ」や「充実」や「輝き」などの言葉の毒気にやられたら、

苦笑とともにできるだけ遠くへ投げ返し、

風通しが多少悪かろうと、窓を開け放って、

自分の人生の「湿度」と向きあうのがいいんじゃないかなあ。

 

 

ジャンクフードが美味しいように、

ときには、毒気がほしいので、

斬新な言葉で過度に女性の人生を応援してくれる

ファッション誌はありがたい存在ですけど。

 

 

それにしても、創刊時に女性編集長

前面に出るケースが多いですが、どういう意図なんですかね。

写真はものすごく多くを語るので、

わたしなどは、「ドキュメンタリーの家」同様に

いろいろ感じとって取扱いに困るんだけど、

それでいいのかなあ。



残念贅沢⇒残年贅沢に修正しました。Oさん、ありがとう!


★みなさんのお母さんはどんな人ですか。この記事の「母はかなり手ごわいですよ!⇒〈 晴れ 時々やさぐれ日記 〉 ああ、「エレガンスへ至る道」②。母とわたしのあいだ

【関連記事】宝島社の付録つき雑誌がすごく新鮮だったころですね~♪
さよなら!年代別ファッション誌。

★その他の記事に興味のある方は↓
こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
一覧のページがすでに2ページになっていて自分がびっくり♪
リンク切れなどもあると思いますが、よかったらどうぞうわめづかい

★いつも応援してくださってありがとうございます!クリックしていただくとランクが上がります!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターもぼちぼちやってます!レス、もっとも速いです。
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
関連記事

スポンサーリンク