「年齢ショック事件」は、価値あるワークショップだ。

 

ブログ開設4周年を記念して過去記事を振り返る企画、

しつこく続けていまーす。

 

今日は、とくに人気があったわけでもない

この記事をピックアップしますね。

 

 

ちょうど4年前に書いた

「年下の男の子、急増中」です。

 

こんなド下手な絵付きで、

電車に乗ったら、

ほぼずべての「おじさん」が自分より年下だった!

という衝撃について書いています(笑)

 

 

 

 

 

 

「おじさん」より年上になっちまった自分に

愕然として肩を落とす事件。

 

 

こういう類の「年齢ショック事件」は、

若いころ、その若さをかさにきて

年長の男性や女性を「おじさん」「おばさん」

「おっさん」「おばはん」とバカにしてきた

どちらかといえば愚か者が遭遇する率、高いですね。

 

 

わたしが、まさしくそんな愚か者だったのですが、

そうじゃない人でも、

ニュースに登場する政治家やキャスターや

引退表明するプロ野球選手やお相撲さんの年齢を見て、

「ああー、自分も遠くまで来ちまったもんだ」としみじみしてしまうことは

あるんじゃないでしょうか。

 

 

あちこちに増え続ける年下の人たち。

増え続ける「年下なのに既に何かを成し遂げた人たち」。

増え続ける「年下なのに引退する人たち」。

 

 

これといって何も成し遂げていない自分。おお!

 

 

ま、そんな具合で「年齢ショック事件」は

日常生活のあちこちで発生するわけですが、

この記事を書いてから4年経ってわかったことは、

 

 

大丈夫。そういうことにも、いずれ慣れる。

 

 

ということです。

 

 

40歳前後の人で

「年齢ショック事件」に遭遇して心が揺れている人には、

そっとそばに近づいて、ささやいてあげたいな。

「大丈夫、いずれ慣れるよ」って。

(・・・「その忠告、いらん」って言われるかなー)

 

 

あらゆる「年齢ショック事件」は

「自分の年齢をどう扱っていいかわからない困惑」に根差しているので、

40代という、ある種のトンネル期に遭遇する率が高いと思います。

→こんな記事も書いています⇒ 40代のトンネルを抜けると。

「若くなくなっていく自分を受け入れるための

自主的なワークショップ」なのかもしれません。

 

 

わたしの場合は、

このブログを書き、読んでもらうことそのものが

ワークショップでした。今、思えば。



「年齢ショック事件」をあちこちで味わいながら、
ときにはブーブー言いながら、抵抗しながら、
自分の年齢とのつきあい方をあれこれ試行錯誤することは、
実は、とってもいいことなんじゃないだろうか。


それまで、目に入らなかった「老いた人たち」の内面にも
思いをはせることができるようになるし。
いろんな意味で後半生を決める大切なワークショップなんだと思いますよ。
(先輩面して書いているけど、わたしもまだ自主トレ中だす)


★こちらにも書いています。→心配は、感情の「白いごはん」か。上手に慣れ親しんでハンドリングしたい。
★メルマガも配信していますよ→こちらからバックナンバーが読めますよ♪

【関連記事】こちらもどうぞ♪
「自分の年齢」の取り扱い方に、慣れる。

★その他の記事に興味のある方は↓
こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
一覧のページがすでに2ページになっていて自分がびっくり♪
リンク切れなどもあると思いますが、よかったらどうぞうわめづかい

★いつも応援してくださってありがとうございます!クリックしていただくとランクが上がります!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターもぼちぼちやってます!レス、もっとも速いです。
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

関連記事

スポンサーリンク