少し「ぶかっこう」なリアクションが好きなんだな、私は。

 

ブログ開設4周年を記念して過去記事を振り返る企画、続けています。

もう、しばらくおつきあいくださいませ。

 

 

2011年12月の

 

 

もう、心のことはいいや。と思ってみる。

 

 

この記事を書いたときは、

「どんなもんかなあ」と不安だったのですが、

予想以上に大きな反響がありました。

 

 

いまもときどき、「この記事が一番好き」と言っていただくことがあります。

よかったら、リンク先を読んでいただけたらうれしいです。

 

 

上記の記事のなかで引用している

坪内稔典さんですが、今日の記事では、

「もくたろう先生」について書いています。

もくたろうって、

木下杢太郎かなと思って探したら

国崎望久太郎という人でした。

(知らなかったです。って、どちらも知らないんですが)

 

 

この「もくたろう先生」と坪内さんは、年は離れているものの、

ある時期、大学の先生同士だったそうで、

「もくたろう先生」が

「若い友人とか若い仲間」という言い方を好んでいたとのこと。

 

 

そのような言い方を通して相手と同じ地平に立つ先生に

私はずっと憧れてきた、と。


 

 

あああ。いいなあ。

もくたろうさんも、つぼうちさんもいいなあ。

 

 

・・・なんて考えていたら、

「こんな先輩になりたい」という私なりの理想像が浮かんできました。

 

 

ごめんなさいよ。ちょっと文学ネタが続きますがおつきあいください。

 

 

若き日の内田百閒(作家)が

道で何とかという偉い先生に会って挨拶したら、

その先生はボーっとしていたか、

考え事をしていたかで、

ちょっと遅れて百閒に気づき、

相手が生徒であるにもかかわらず

「あ、あわわ、わわ」というようなおかしな声を上げて立ち止まり、

帽子を脱いで、深々とお辞儀をしたという話。

 

 

深沢七郎が正宗白鳥の家でごちそうになったとき、

正宗白鳥にお皿を下げさせまいと(正宗さんがずっと偉い先輩)

離れに行くため一足だけある下駄を、わざと履いて行き、

「これでよし」と後ろを振り返ったら、

正宗白鳥が残りの皿を抱えて

裸足でスタスタとついてきていた話。

 

 

どちらも、大好きなエピソードで

ずっーーと覚えていることを思い出しました。

 

 

 

ああ、わたし、こんな先輩が

究極の理想なんだな。

 

 

と思ったのです。

 

 

もちろん、わたしは、例に出した人たちのようには

偉くもなーーんともないので、

「単なるバカ」にしか思われないでしょうが、

こんな感じに、リアクションがちょっと

「ぶかっこうな人」が好きです。

「滑稽」といってもいい。

 

 

「偉い」自分でいるより、

咄嗟に、「ぶかっこう」を選んでしまう人。

大好きだなあ。

 

 

その逆に、それを笑うだけの人。

あんまり友だちになりたくないです(笑)。




★今日の別冊は⇒「いまの若い者は!」と叱咤激励するオッサンの気持ち。 スパコレも「ダイエットに効く!?島豆腐」

★メルマガも配信していますよ→こちらからバックナンバーが読めます♪

【関連記事】過去の人気記事を振り返るシリーズはこちらから、
4周年企画 40代を振り返る。

★その他の記事に興味のある方は↓
こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
一覧のページがすでに2ページになっていて自分がびっくり♪
リンク切れなどもあると思いますが、よかったらどうぞうわめづかい

★いつも応援してくださってありがとうございます!クリックしていただくとランクが上がります!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターもぼちぼちやってます!レス、もっとも速いです。
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
関連記事

スポンサーリンク