新しい世界でオロオロしたもんの勝ち.

 

うちの近所のコンビニは、レジの近くにATMがあるので

お金をおろしているときとか、

順番を待っているときなんかに

レジカウンターのなかで働く人たちの

忙しそうな様子が目に入ります。

 

先日もATMに並んでいたら、

この仕事をはじめたばかりと思われる

わたしと同世代の女性がカウンターの中で

身をかがめて棚の扉を開けたり、

何かをとりだしり、

どこかを片付けたりしていました。

 

 

その様子が、ちょっと不安そうだったので、

 

 

ああ。いま、大変なときだな。

 

 

と思いました。

 

 

コンビニは、買う方は楽だけど

売るほうは、とても大変そうです。

 

 

宅配便の受付、公共料金の収納代行、各種チケットの発券、切手・印紙の販売、商品の販売や温め、おでんの数量確認、カタログギフトの販売、ホットスナックの販売、挽きたてコーヒーの販売・・・。もちろんそのほかに清掃、仕入れの確認、売上の確認などなどたくさんの仕事があるに違いないから、最初のうちは、手順を覚えるのが大変に違いありません。

 

 

おまけに「テキトー」ってことが許されなさそうだし。

店長は許したくても、

その上のほうの「セブンイレブンさん」とか

「ファミリーマートさん」とかの

ビッシビシに考え抜かれた効率的システムが許さなさそうだから

慣れるまでは、かなり、大変そうに見えます。

(いや、きっと大変だと思います)

 

 

どんな仕事でもそうだけど、

新人のうちは、「わかんないこと」に

立て続けにぶつかりますよね。

その「わかんないこと」に対する姿勢によって

意欲や能力を評価されることがわかっているから、

新人としては「わからない」たびに迷い、苦しむ。

 

 

聞くべきか。聞かざるべきか。

ほんとに、それが問題なのです。

 

 

ここは速攻尋ねるべきなのか、

もう少し自分で解決を試みるべきなのか。

「他力」と「自力」の間で悩む。

「自力」に時間をかけすぎると「早く聞け!」と叱られそうだし、

「他力」に頼りすぎると「自分で考えろ!」と叱られそうだし。

 

 

ATMを操作しながら、

おそらく「他力」と「自力」の間で悩み、

それゆえに何となくカウンターのなかで

ブラブラすることになってしまっている

同世代の新人さんの心中をお察ししました。

 

 

わたしも、最近、新しいクライアントと仕事をしているのでね。

気持ちがよくわかるのです。

まだ、全体像が見えていないこともあって

うまくいったかと思えば、

キツイ口調で否定されることもあり、

 

 

ふえーん。いい年して、叱られてるよ、わたし。

 

 

としょんぼりすることがあるからです。

 

 

でも。

 

 

仕事に限らず、どんなことでも、

新しい世界に飛び込んで

ウロウロ、オロオロしてしまえば、

もう、こちらの勝ち。

「決断する」「飛びこむ」という一番、

しんどいところはクリアしたんだもん。

あとは、下手なりに慣れるのみさ。

 

 

「他力」と「自力」の間に

独断にならない程度に「応用」をはたらかせて、

わからないことを解決できる能力を磨きましょう!

 

 

とまず、自分に言って励ましてみる(笑)

 

 

話がとんでしまうけども

昨日、NHKのプロフェッショナルの流儀で宮崎駿さんが

絵コンテを描きながら、何度も、何度も

「面倒くさい、面倒くさい」って言っていました。

 

 

こんなに説得力のある「面倒くさい」聞いたことなかった。




★昨日はこちらにも書いています。真逆のほめられ話です。その他の記事も毎日更新!

★イラストによるコーディネート紹介が人気!→ワクワクしたら着てみよう。ひと昔前の「ミセス風」ワンピ

【関連記事】やっぱり挨拶も大事です♪
本性がバレる!挨拶に要注意。

★その他の記事に興味のある方は↓
こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
一覧のページがすでに2ページになっていて自分がびっくり♪
リンク切れなどもあると思いますが、よかったらどうぞうわめづかい

★いつも応援してくださってありがとうございます!クリックしていただくとランクが上がります!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターもぼちぼちやってます!レス、もっとも速いです。
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
関連記事

スポンサーリンク