颯爽と歩け、自分。歩き方だけでもいいから。

 

先日、仕事の待ちあわせで

JRの駅を出たところに立ち、

いろんな女性たちが歩いてくるのをぼんやり見ていました。

 

 

通勤途中の人もいれば、

お子さんの送迎の人も、

お友だちと遊びにいく雰囲気の人もいました。

 

 

素敵な人を何人も見かけましたが、

なかでも一人、すごーく目立つ人がいたんです。

 

 

60代後半ぐらいの細身の人で

グレー系のブーツカットのパンツにジャケット。

髪は、アインシュタインを少し大人しくしたような

白髪まじりのボリュームヘア。

(そのまま伸ばしっぱなしにしているのかもしれません)

 

 

キリッとはしているけれど、

別段、すごく服装に気を配っている様子ではなし。

 

 

どこが目立ったかというと、

その歩き方なんです。

 

 

背筋が伸びているだけでなく、

これから向かう先に「心がはやる何か」があるような

機敏で、大股で、速度の速い歩き方。

気分的に明るい歩き方。

ときどき、小走りも混じります。

 

 

あーー。こんな歩き方なら、

年をとっていても

仕事を任せられそうな気がする。

 

 

と思いました。

 

 

もし、わたしが初対面の人と待ち合わせをしていたとして、

そこにこの人が登場したとしたら…。

「ああ、白髪の、自分より年配の女性だなあ」とは思うでしょうが、

何となく、イケている感じ。現役の感じ。惰性に流れていない感じを

受けると思ったのです。

 

 

それに反して、このわたしは、どうでしょう。

 

 

しばらく前、近所に住むママ友にこんなメールをもらいましたよ。

 

 

「なんか、心配事あるん?」

 

 

仕事帰りにうつむいたまま、背中丸めて

とぼとぼ歩いていたんでしょうねえ。

さぞかし表情も暗かったんでしょう。

それを車で出かける途中に彼女が見て

メールをくれたという・・・。

歩き方だけで「いったいどんな悩みが!?」と心配させるって

どんだけ不景気な歩き方なんだ、自分!!

 

 

機敏に軽快に歩く60代後半白髪女性の対極だったわけです。

 

 

そんな目で自分や、まわりの人を見ると

年とともに歩き方が落ち着く、といえば言葉はいいですが、

なんとなく「先に楽しみがない」雰囲気というか、

「前に進むエンジンを搭載していない」というか、

そんな歩き方の人が少なくないように思います。

 

 

老若を分ける最大の行為は、「走ること」だと思いますが、

「疾走する老人」を想像しただけでファンタジックなように、

機敏に、軽快に、前へ前へと足を進めることは、

それだけで他の同世代を圧する魅力になるんだなあと

しみじみ思いました。

 

 

表情もそうですが、

「動きの質」が見え方を左右するんだと

あらためて思った朝の駅前でした。



★今日はこちらにも書いています!→「就活」「婚活」があるならば、あの問題だって。

★メルマガも配信中!テーマは、「みんなファンデーションはどうしてる?&欲望をあぶりだす「言葉」
こちらのページからバックナンバーが読めます。無料ですから気軽に登録くださいね♪


【関連記事】この頃はジムに行っていたのでした。よければ、どうぞ♪
費用ゼロ!おばさん脱却法

★その他の記事に興味のある方は↓
こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
一覧のページがすでに2ページになっていて自分がびっくり♪
リンク切れなどもあると思いますが、よかったらどうぞうわめづかい

★いつも応援してくださってありがとうございます!クリックしていただくとランクが上がります!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターもぼちぼちやってます!レス、もっとも速いです。
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
関連記事

スポンサーリンク