懐メロ番組に見る歌手のみなさんの「欲と成功・失敗」に学ぶ。

 

先週、「わたしは欲をかいて、つい、あれもこれも乗っける」

と書きましたが、

昨晩、昭和歌謡を振り返る3時間あまりの番組を見ていたら、

昭和を代表するヒット曲をもつ歌手のみなさんも

こんな晴れがましい舞台になると、

「あれもこれも」乗っけたくなる人がいるなあと思いました。

 

10代の頃の懐かしい映像のあと、

ご本人が登場して同じ曲を歌うとき、

そこに乗っけている「あれもこれも」が

テレビ画面を通じてじんわりと伝わってきます。

 

 

たとえば、

 

 

わたしは今も活躍しているよ、という現役感。

現役だから声がよく出るよ、という実力さらに増しているよ感。

当時とはキーとかリズムを変えるよ、という大人歌手のアレンジ感。

まだこんなスリムな服が着られるよ、というイケてる感。

みんなはどう思っているかわかんないけど、一流だからね感。

 

 

などなどです。

 

 

懐メロ番組の面白さは

その曲がヒットした当時の若かった自分を思い出して切なくなって

恋愛のひとつもしたくなることと、

このような「往年の歌手のあれもこれも乗っけている感と

その成功や失敗の度合い」を見ることにあるとは思いますが、

 

 

 

あれもこれも乗っけすぎると

肝心の歌が付けたしになっちゃいますね。

 


なかでも「当時とはキーとかリズムを変えちゃうからね、

という成熟した大人歌手のアレンジ感」は、

ご本人は例外なく気持ちよさそうですが、

あんまり成功した例を見たことがないです。

あれもこれも乗っかっているから、

余計なことをしちゃうんだろうなあ。

 

 

今日、辞職を表明した猪瀬都知事を厳しく追求していた

都議会議員や記者の皆さんのなかにも

「事実を問いただす」という行為のうえに

「俺、いま目立っているな感」や

「意外に追求って加虐心が刺激されて気持ちいいな感」や

「俺、世論を代表しているから無敵だぜ感」など

あれもこれもを乗せている感じの人がいました。

 

 

どんな場面でも「あれもこれも乗っけ」ているときって

人はみんな脇が甘いな。隙があるなと思います。

 

 

同窓会に行く、なんて場合も、

「若く見られたい」

「キレイと言われたい」

「お金もちに見られたい」

「仕事もがんばっているように見られたい」

「家庭にも恵まれているように見られたい」

などなどあれこれ乗っけずに

「旧友に会いに行く」一本がいいんでしょうね。

(ま、そんなこと、なかなかできないですけどね)

 

 

そんな具合で、

あまりあれこれ欲をかかず、

あれこれ乗っけず

肩の荷を軽くしていきたいです。

それでなくても冬は肩こりがつらいんだし。



★月曜はこちらにも書いていました!
ものぐさ大掃除の顛末と犬バカコラム、物欲福笑いのご案内。


★別冊メルマガ★おしゃべり詰め合わせ 配信中です!
今回のテーマは、「顔の輪郭はなぜゆるむ&肌断食に新たな体験談!」
こちらからバックナンバーが読めますよん。購読無料&解除も簡単です。お気軽にどうぞ♪


【関連記事】こちらもどうぞ♪自作グラフも力作です(笑
同窓会。女で行くか、それとも・・・

★その他の記事に興味のある方は↓
こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
一覧のページがすでに2ページになっていて自分がびっくり♪
リンク切れなどもあると思いますが、よかったらどうぞうわめづかい

★いつも応援してくださってありがとうございます!クリックしていただくとランクが上がります!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターもぼちぼちやってます!レス、もっとも速いです。
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
関連記事

スポンサーリンク