人生は、「なんもない」ところに 「なんか見つける自主トレ」。

sabaku.jpg

 

ブログを書くときに

いつも思うのは、「なんもない。ほんとになんもない」ということです。

 

 

「今日は、書くことなーんもない」。

 

 

この「なーんもない」ときの思考は、

「だって、毎日変化ないもんなー」

「なんか、自分がつまんなく思えるぞー」

「こんなわたしが書いている意味あんのかー」

というネガティブ・ループ。

 

 

でもって「今日はやーめた」ってことにすると、

「なーんもない」はますます角質化し、

「書く」ことの壁はコチコチに硬くなる!

(かかとみたいに!)

 

 

しかも、勝手にやってるブログですから、

だれからも「書きなさい」とか

「書いてください」とも言われないじゃないですか。

いつだってやめられるし、

いつだって放置できる。

 

 

「なーんもない」から

「やーめた」への門は

つねにフルオープン!ウェルカム状態!

 

 

で、思うわけですよ。

 

 

なんでこうやって書いているんだろうなーと。

 

 

あれなんですよね。

「なんもない」を「なんもない」って受けとめちゃうと

わたしの人生、ほんとになんもないことになると、

わかってるんですよね。

 

 

「なんもなく」ても

こうやって何とか書きつづけられているのは、

本当は、「なんもなく」ないわけで

それなりに「なんかある」わけで

それは「なんか見つける」意志がないことには見つからない。

「なんもない」ままで流れ、消えていくのみ。

 

 

わたしにとってブログは、

「なんもない」ところに

「なんか見つける自主トレ」なのかも。

 

 

右から見たら、左から見る。

左からも見たから、上から見る。

もうあちこち思いつく角度からは見たから、

この前見たところとその前に見たところの間から見る、とか。

 

 

なにもないときには、

なにもないなりに、

なにかをつくるんだ。わたしゃ、みたいな心意気。

 

 

人生には山もあれば谷もあるから、

なにをしてもうまくいかないとき、

「なにもない」という底知れぬ海におぼれないためにも

このトレーニングは悪くないなあと思うようになりました。

 

 

「過度に落ち込みすぎず、困難をやりすごす」技って大切ですよ。

大人になったからこそ言えることですね。







★今日の「どうする?Over40」は3本立てです。→「いろんな言葉」は、
「愛の試着室」が大反響のじじょうくみこさんのと椅子。植松さんの「50代男のメガネは近視と乱視とお手元用」「今日のオバ専」もぜひ!

★メルマガ配信しています!タイトルは、
≪インヒールスニーカーは、迷走シューズ?世の流行よ、ふくらはぎを顧みよ≫
これまでのバックナンバーはこちら♪講読無料ですよん。⇒

★フェイスブックにも毎日なにがしか書いています♪→

【関連記事】5年前の記事。たくさんの方に読んでいただきました。
40代。スタイルのある生き方へ。

★その他の記事に興味のある方は↓
こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
一覧のページがすでに2ページになっていて自分がびっくり♪
リンク切れなどもあると思いますが、よかったらどうぞうわめづかい

★いつも応援してくださってありがとうございます!クリックしていただくとランクが上がります!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターもぼちぼちやってます!レス、もっとも速いです。
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
関連記事

スポンサーリンク