自分の繊細さに過敏な人が、ときに傲慢なのは?

 

テレビで俳優さんやタレントさんを何度も見ていると

その人のさまざまな発言や仕草や行動が

印象としてストックされ、

あるときは言外の意味を推測するようになり、

微妙な表情の裏も想像したりして

「こんな人なんじゃないのかなあ」と共感が深まり、

すごーく好きになったりしますよね。

 

 

あまりに芸能界的な処世術を感じると

ちょっとイヤになったり・・・。

ってことは、自分には「見抜けている」んですよね。

その人の本質みたいなものが。

当たっているか否かは別にして。

 

 

「自分には本質が見抜ける」と考えて

多くの人が生きているんじゃないかなあと思います。

 

 

わたしもそうです。

そう思っているところ、ありますね。

自分には見抜ける、そう思っていますよ。

もう、だれのことだって見抜いているな。

芸能人から、仕事関係者から、親戚から、近所の人から。

 

 

ところが、どうでしょう。

 

 

他人は見抜けない。

 

 

そう思っているところ、ないですか。

 

 

わたし、あります。

いまもまだちょこっとありますが、

昔は、もっとたっぷりありました。

 

 

この「自分は見抜けるけど他人は見抜けない」を

前提にすると、「タテマエ主義」が幅をきかせるようになるんですよね。

 

 

「こう言っとけばいいのよ」

「これぐらいしてあげておけばいいのよ」

「人間ってそういうものだから、それでいいのよ」という具合に。

 

 

なかには家族以外とは

「タテマエ主義」でしかつきあいません!

というタイプもいるように思います。

 

 

でも、

 

 

自分に見抜けるなら、

他人だって見抜いている。

 


実は、これが真実なんですよね。

 

 

おそらく、わたしが出会うほとんどすべての他人は

わたしが「見せようとしている自分」だけを見てくれるのではなく、

わたしの言葉や微妙な表情などなどから

わたしが「見せたくない自分」の部分を想像し、

それらを総合的に見て、

「どんな人間」かを判断しているに違いありません。

 

 

だってわたしがそうだもん。

ごく平均的な自分がそうなんだから、

みんなだって、そうでしょ。

 

 

 

タテマエ主義や、その場しのぎの対応は、

他人を軽んじている証。

 

 

青臭いことを言うようですが、

「他人を自分と同じ程度に繊細だ」と考えることは、

ものすごく重要だと思います。



自分の繊細さに過敏な人がときに傲慢なのは、
自分以外の人の繊細さに鈍感だからです。

 

相手の判断を尊重し、

そこに信頼をおいて

正直に接する。

 

 

たくさんの失敗から、

その大切さをしみじみ痛感するようになりました。






フェイスブックにも毎日、なにがしか書いていまーす。

★ウェブマガジン「どうする?Over40」。イラストレーター中島慶子さんの秋のコーディネート提案。イラストも文章も楽しいです!→「ワクワクしたら着てみよう」

【関連記事】他人の目が節穴出会ってくれれば!(笑
小物の季節感は、上級編?油断するとずれる。ずれまくる。

★その他の記事に興味のある方は↓
こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
一覧のページがすでに2ページになっていて自分がびっくり♪
リンク切れなどもあると思いますが、よかったらどうぞうわめづかい

★いつも応援してくださってありがとうございます!クリックしていただくとランクが上がります!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターもぼちぼちやってます!レス、もっとも速いです。
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
関連記事

スポンサーリンク