マクドナルドで女子高生をうならせる「大人の女たち」。

高3の娘が試験期間中にマクドナルドに行き、
「やっぱり、高校生の接客と大人の人の接客は違う!」
とやけに力説するんです。


ふだんは、学校帰りや休日に行くことが多いので
大人に接客してもらうことが少ないらしい。


「Aちゃんが、『玉ねぎ抜いてもらえますか』って言ったら
『はい』って言って
『いつでも、おっしゃってくださいね。どんな小さなことでも』やって!!
なんでも、やさしい一言、添えてくれはるねん。
Aちゃんと『すごいなあー』って盛り上がった」


と。


わたし「うん。やっぱり、おばちゃんは気がきくよね~」
娘「え?すごいキレイにしてはるけどな」
わたし「やっぱり主婦のパートさんはきめ細かいよ~」
娘「キリッとした人ばっかりやけどな」


テキトーに流しながら会話をしているつもりでしたが、
はたと、


わたしの「おばちゃん」って言葉に
異議申し立てをしている。


と遅ればせながら気づいたのです。


そういえば、一度も、「おばちゃんは、すごい」なんて言ってないぞ。


「大人の人の接客」
「すごくキレイにしている」
「すごくキリッとしている」



それを、悪気なく習い性のように
「おばちゃん」や「主婦のパートさん」に変換しているのは、
この私自身であって
目の前にいる高校生の娘と
その場で感動を分かちあったAちゃんではない。


マクドナルドで、
心のこもったプロの接客をしていた女性たちの姿は、
18歳の女の子たちの目には、
「キリッとしたキレイな、すごい大人の人たち」と映った。
それだけが事実。


その目に、不要な「くもりメガネ」を当てようとしていたのは、
わたし自身。
何してんだよ>自分。


そう思ったら、
颯爽と接客する同世代の美しい女性たちが目に浮かび、
それにひきかえダラダラグズグズしている
自分の「ぬるさ」が浮き彫りになって
もろもろ修業が足らん!と思いました。


若い子たちの「モノの見方」には、
素敵な萌芽があるのかもしれません。


「おばちゃん」って言葉も、
完全に消えることはないだろうけど、
次第に勢力が弱まっていくんじゃないかなあ、とか、
そんなことも思いました。





ツイッターもやってます!感想など、こちらからもどうぞ。レス、早いです!
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

★ウェブマガジン「どうする?Over40」には、人気の「ただいま閉活中」やコメント欄が楽しい「いどばた。」の最新記事が更新されています。専業主夫ムーチョさんの人生相談も♪

【関連記事】「おばさん」関連記事が膨大にありすぎたので最古記事なぞ、どうぞ。
47歳って「おばちゃん?おばあちゃん?」

★その他の記事に興味のある方は↓
こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
一覧のページがすでに2ページになっていて自分がびっくり♪
リンク切れなどもあると思いますが、よかったらどうぞうわめづかい

★いつも応援してくださってありがとうございます!クリックしていただくとランクが上がります!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

関連記事

スポンサーリンク