「複数の人を誘って、日程を調整してくれる人」は、偉大だ!


数週間前、長崎の実家に帰っている高校時代の友だちMちゃんから
「N子と飲むことになった!ラインでテレビ電話しよう」と
連絡がありました。


なんか、ちょっと面倒くさいな~。


ラインのテレビ電話をしたことがないし、
テレビ電話だったら顔も映るし・・・。
すっぴん&ボサボサというわけにはいかぬだろう。
面倒だ~。


と思っていましたが、
いざやってみたら、
30年ぶりのN子が髪型さえも変わってないし、
「あら、顔が小さい!」「変わってない!」と
望外なお世辞も言ってもらい(オホホ)、
懐かしいわ、うれしいわ、気分がいいわで、


Mちゃん、ありがとう!!あなたのおかげです!


とケロッとてのひらを返しました。


そして、昨日は、
娘が幼稚園時代のママ友3人と
近くの日本庭園にピクニックに行きました。


これも、Tさんが毎回声をかけてくれて
みんなの日程を調整してくれて
「〇日にしましょう!」とメールをくれて
年に数回、会うことができています。


子どもが幼稚園を卒業して
もうすぐ12年。


最初のころは、
お互いがわが子のことを謙遜しつつ
他の人の話から様子を感じとりつつ、
自分の子育てに安堵したり、
不安になったり…という
ビミョーな時期もあったのですが、


それぞれの子どもがバラバラの学校に通うようになり、
学力の差も
モテ度の差も
身長の差も、
ひねくれ度の差も、
明確になりはじめてから、
少しずつ、少しずつ関係が変わってきました。


時のチカラって大きいなあ。


昨日は、雲ひとつない秋空の下、
赤く色づいた木々を口ぐちにほめながら、
この日にいっしょにいることを
喜びあっていることを感じて
心があったかくなりました。


これまでの12年間、
おそらく、会うたび、会うたびごとに
わたしも、そして他の人も
何かを感じて、持ち帰って、考えて、ちょっと反省したりして、
そした、また次の機会に臨んできたんだろうな。


大げさじゃなくて
特別なことでもなくて、
人と人が会うってことは、
そういう試行錯誤の繰り返しなのかも。


「いつの間にか居心地がよくなる」って
そういうことなのかも。しみじみ。


やっぱり、人間ってすばらしいわあ。


いずれにしろ、


Tさん、ありがとう!あなたのおかげです!


Tさんがいなかったら、
「この関係は、幼稚園だけで終わってもいいや」で
そのまんま終わっていたに違いなし。


誘ってくれて日程を調整してくれる人は、偉大だ!。


わたしは、仕事やネット上では誘うことも多いけど、
実生活では、すごく受け身なので
ほんとに、心の底から感謝します。





★フェイスブックにも、お知らせにプラスしていろいろ書いています。⇒

★こちらにも書いています⇒「マザコン男なんて…」と軽々しく言ってきたけど、それはもっと奥深そうだ。
今日更新の「いろんな言葉」も、中村うさぎさんの言葉から。

【関連記事】そう、疲れるときもありました。
ママ友との会話に疲れたら。

★その他の記事に興味のある方は↓
こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。
一覧のページがすでに2ページになっていて自分がびっくり♪
リンク切れなどもあると思いますが、よかったらどうぞうわめづかい

★いつも応援してくださってありがとうございます!クリックしていただくとランクが上がります!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

ツイッターもやってます!感想など、こちらからもどうぞ。レス、早いです!
↓↓↓

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
関連記事

スポンサーリンク