「眉毛」「髪の毛」「表情」の3つがキモか!?


眉毛と髪型って
ほんと大事ですよねえ。
このふたつが決まっていると
それだけで「気をつかっている」ように見える。


逆にいうと
このふたつをボサボサにしておくと
「かまっていない」ように見えるし、
独得なフォルムにしておくと
「時代に距離を置いてわが道を行く人」に見える。


眉毛と髪型、大事です。ほんと。


それにしても、どっちも毛ってところがねえ。
あと肌も大事だしね。
やっぱり私たち、動物なんだな。


毛って、ほんとに雄弁。


あと、もう一つ、雄弁なものに
「平常時の表情」があると思いませんか。
ひとりで電車を待っているときの表情とか、
そういう「公の場所にいるけど油断しているとき」の顔。


眉毛も髪も服もイケているのに
表情だけが惜しい!って人、
しばしば見かけません?


表情だけがちょっと意地悪そうとか、
ちょっと暗そうとか。


もちろん、そうやって
他人を眺めているわたしの表情も
鬱屈しているんだろうなあ。
でもまあ、そこは、ちょっとの間だけ、
棚に上げといて・・・。


しかし、あの「平常時の表情」って
なんなんでしょうね。


ふだんの思考のパターンが
現れているように見えるところが恐いです。


ふだん、一番、「よく考えている」ことが
数十年の月日を経て
「表情」に固定化されているというか。


思考の習慣の造形化。


生まれつきの造作や
生まれつきの能力や
生まれつきの美点を
次第次第に
習慣が凌駕するのですよ!



老いのせいじゃない。
習慣のせいなんだ。



いや、それも含めて「老い」か。
いずれにしろ、手に余る。


話を「毛」に戻しますが、
衣服も「毛」と考えるといいのかもしれませんね。
「毛並を整え、毛ツヤを整える」つもりで服を着る。
なんて、どうだろうか。





フェイスブックツイッターで更新情報をお知らせしています。

★イラストレーター中島慶子さんのコーディネート提案。人気です。→黒のギンガムチェックシャツにワクワク!

【関連記事】6年前にもこういうこと書いていました!
笑顔はシワのもと?若さのもと?

★その他の記事に興味のある方は↓
こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。

★いつも応援してくださってありがとうございます!クリックしていただくとランクが上がります!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

関連記事

スポンサーリンク