「若いときだけ」の場所に「大人」が居すわる時代の楽しみ方。


アイドルも、
ロックミュージシャンも
フツーは20代まで、
長くても40歳ぐらいまでと
多くの人たちが思っていたけど、
いくつになっても
ずっとアイドル、ずっとロックな人が
増えています。


アイドルや
ロックミュージシャンが
「若いときだけ」の仕事と思われていたとき、
その先には、「本格派」などが想定されていたんですかね。


アイドル→本格派→大御所


みたいな感じ?


いまは、


アイドルのまま大御所が可能


な時代になりました。


「若いときだけ」の年齢制限をとっぱらい、
(成功するかしないかは別として)
「そのまんま」でいる。



女性のファッションにも
同じ傾向がありませんか。


安くてもカワイイ服→いろいろ体験する→上質な服を着る
(アイドル)    (脱アイドル)  (本格派)



という流れがファッション誌などで提唱され続けましたが、
高度成長期が終わり、
長引く不景気や格差社会の影響を大きく受け、
「そのまんま」でいる人が増えている。


趣味だって
わたしもそうだけど、
若いころとあんまり変わっていないもんね。


大槻ケンヂ氏の
「40代 職業・ロックミュージシャン」という
タイトルからして
味わい深い対談本があるんです。


そのなかで「大人に過酷なライブハウス事情」について
語られているところが
もう、グッときてたまりません。


ここでいう「大人」は
観客としての大人じゃないですよ。
出演者としての大人です。


●どんなに狭くても汚くてもトイレだけはつけていただきたい!
●トイレがひとつしかなくて観客とバッティングする!
●楽屋がただの階段はやめてほしい!



とか、もう!
みなさんも行ったことのあるライブハウスを思い浮かべると、
「ああ、あそこもそう!」
「ここもそうだ!」って思い当たるんじゃないでしょうか。


さらに、ちょっとだけ引用しますね。


大槻:だからね。これは、30代以降のミュージシャンが
みんなでデモをしなきゃいけないんじゃないかと。
いまは昔より30代以降でライブハウスツアーをしている
大人のミュージシャンが多いし、
ぜひわれわれで「ライブハウス法」っていうのを作りましょうよ!

鈴木・マエカワ:ぜひ!



いいなーーーー、この会話。
あたりまえのことですが、


ライブハウスは
出演者にとっても
「若いときだけ」のものじゃなくなっているのです。


「ずっとライブハウス」のミュージシャンもあり。
「ライブハウス→武道館→アルバイト→ライブハウス」もあり。
「ライブハウス→東京ドーム→引退→家業を継ぐ→ライブハウス」もあり。
その間に子育て、依存症克服などなど、
いろーーーんなことがはさまっている。


大人の時代って
そういうことなんですね。
通り一遍の「成熟」や「完成」なんて
幻想なんです。


大人がいるべきじゃないとされてきた場所に
大人がどんどん増え、
いろんな人生が持ち込まれ、、
その場所が、あらゆる世代にとって
快適になるといいなあ!



とわたしは、思います。









フェイスブックツイッターで更新情報をお知らせしています。

★「今日のこていれ」は、土曜日まで毎日更新!
、「アイライナーは、ズバリどこにひく?そもそも必要?」 

★四十路独女・じじょうくみこさんの婚活、
そのエンディングがちょっとした祭りになってます。

【関連記事】行き場をなくすぐらいなら、「そのまんま」でいようよ。
「上質なものでなきゃ」と思うと行き場をなくす?オシャレ心。

★その他の記事に興味のある方は↓
こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。

★いつも応援してくださってありがとうございます!クリックしていただくとランクが上がります!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

関連記事

スポンサーリンク