老いの階段をのぼると、「老いの肯定」がうっとうしくなる?


昨日、本屋さんに並んでいた雑誌「つるとはな第2号」は、
清潔感のある白髪の素敵な女性が笑顔で表紙を飾っていて


「でかいパンツをはいたらすぐに老けますよ」という
リリー・フランキー氏の言葉と


「私から年齢を奪わないでください。
働いてようやく手に入れたのですから」
という
どなたかの言葉が並び、


「老い」の取り扱い方に丁寧さとゆとりのある感じが伝わってきて、
なるほどなあ、そういう姿勢なんだなあと思ったものの
あまりページをめくらず、
買うこともなく帰ってきました。


雑誌に魅力がないと言いたいわけじゃないんです。
きっとあるんです。


わたしが、「老いを肯定する」系の本を
買わなくなったのです。



随筆であれ、雑誌であれ。
素通りするようになってしまった。


これはねえ、あれですよ。


老いの階段をひとつのぼっちゃったんですよ。わたしが。
(人間的成長という意味じゃない)



平たく言うと
またちょっと年をとった、ということ。


老いを肯定も否定もできそうにない。
しかも、自分は立派になれそうにもない。


あれもこれも、ズルズルズルズルひっぱって
まだまだあれにも、これにも未練があって、
自分の年齢と折り合いをつけたつもりになったと思ったら、
「ああ。もう少し若ければ!」と
地団太を踏むこともあって
結局はその繰り返しで
わたしって人間は、
そういうふうに生きていくんだろうと。


だから、もっと滑稽な老い方や
はみだした老い方や、
おかしな老い方や、
そんなほうが見たいや!と。



見て、「なーーーんだ、これでいいんだ」って思いたいや、と。


いつまでも若者の店で服を買わせてくれ、的なことか??
(↑比喩だからファッション的見地から批判しないようにーー)


老いも若きもごちゃごちゃでいいんじゃないか。
「人間的成長」のイメージ、
「老いによる完成」のイメージ、堅苦しくないか。
一種のイメージの「檻」になってないか。
ぶっちゃけ言うと、そんな印象をもつようになりました。



ああ。ごちゃごちゃなまま
完成しないまま
それらをも人間的な豊かさにして
生きていけたら!!
幼さも未練も醜さもみんなまるごとを肥やしにさ。



感じのいいカフェでゆっくり読むといいと思います。





★「今日のこていれ」スピンオフ企画についての連絡や質問は、こちらへ

フェイスブックツイッターで更新情報をお知らせしています。

★月曜日にはこちらにも書いています。
「いつもどおり」が軽やかな楽しさに!最終回や新連載のお知らせ、いろいろ。

【関連記事】切なさもまた味わいですよねえ。1月の記事です。
ああ。「ときめきの不均衡」という老いのラブストーリーよ。

★その他の記事に興味のある方は↓
こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。

★いつも応援してくださってありがとうございます!クリックしていただくとランクが上がります!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ

関連記事

スポンサーリンク