姉の「本気の薄毛対策」に現状維持の極意を学ぶ。


毎度毎度、髪の毛の話ばかりで恐縮ですが、
お盆に長崎に帰省したら、
姉が本気の「薄毛対策」に取り組んでいました。


●頭頂部は何があっても直射日光にあてない
 (UVカットの日傘か帽子で必ず覆う)
●化粧品はケチるが
 シャンプー&コンディショナーは、
 美容師さんが「いいというもの」を従順に買う
●毎夜、薬用育毛剤「柑気楼」をふりかけ
 一心不乱に頭皮をマッサージする


これらの地道な努力が実ったのか、
数年前に頭頂部の薄さがすごーく気になり、
「姉ちゃん、ウィッグという選択肢もあるよ」とつい言ってしまい、
ヒジョーに嫌な顔をされたときに比べると
たしかに、やや気にならなくなっているような気がする。


「姉ちゃん!ちょっとフサフサになってない?!」
「そう?ケアよ、ケア。何ごともケアさ」


と自信たっぷりに微笑んでいました。


何が言いたいかというとですね。


さほど成果が上がっていなくても
「あれをやってみようか」
「これをやってみようか」と


ああでもない、こうでもないと試行錯誤してみることが
「より美しく」にはならずとも、
「現状維持」にはつながっているのではないか。



ということなんです。


だってほら、次第にいろいろなことが
「面倒くささと戦い、義務を果たしてホッとする」
ようなものに変わっていくじゃないですか。
そこんところをふみとどまって
「あれをやってみよう」「これをやってみよう」と
あきらめない姿勢。これ大事!!


わたくしも、本日、美容院に行ってまいりましたよ。


DINOSのカタログ「CARA」をそのまま持って行って
「こんな感じにしてください」とオーダーしました。
何ページかにわたっていろんな角度の写真があったので
「前からだとこんな感じ」「横はこんな感じ」と説明してみた。


これです↓(モデルさんのあごと首がビューティフル!)
CARA.jpg



勢いこんで頼んだわりには、変わり映えしませんが、
こうやって写真を選ぶ、こうしてくれと頼む、束の間であれ期待する…
というようなことが「現状維持」につながっているに違いない!!






フェイスブックツイッターで更新情報をお知らせしています。

★四十路独女生活に終止符を打ち、島に嫁いだじじょうくみこさんの結婚生活は?→独女と同居。

【関連記事】こちらも「現状維持」にふれています。
「過渡期」を愛して、人生の質を上げる!

★その他の記事に興味のある方は↓
こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。

★いつも応援してくださってありがとうございます!クリックしていただくとランクが上がります!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
人気ブログランキングへ


関連記事

スポンサーリンク