「あ、わたしは自分を過大評価していた!」と悟った瞬間。


この前、仕事に行く道すがら、
思ったんですよ。


「あ。わたしは、実は、ながーいこと、
自分を過大評価していたんだなあ」と。
なぜか、ふいに。


過大評価って
「自信満々」や「大いなる野心」として
現われるものじゃないんだなと。


いや、そんな形をとることもあるでしょうけど、


●こんな仕事、本当はやりたくない
●いつか、こんなことをしたい。
●本当はこんな自分であるべきなのに。



みたいな、どちらかというと
自己嫌悪や現実否定、将来への希望みたいな顔をして
現われるんじゃないだろうか。
ちょっと「反省」に似ているから気づかなかったぞ!


なぜ、それを仕事に行く途中に思ったかというと
これもどうってことないことでねー。


この仕事、結構長いことやっているなあ

いつまでやるのかなあ。

そんなに長く続けるつもりなかったのに。


・・・と同じ道で同じように考えるからなんです。

その日も同じように考えていたんだけど、
いつもとちょっと違う結論に至ったわけですね。


あ。これがわたしなんだな。
この仕事を与えられ、
それを続けているわたしが、THE わたし。
それが現実。
事実という現実。能力の現実。



あー。そうか、自分では謙虚なつもりだったけど
過大評価していたんだなあ!!
マットな絵の具で塗ったみたいに鮮やかなピンク色の実をつけた
こぶしの並木道を歩きながら思ったのでした。


kobusi.jpg
人間の拳に似た実をつけるから「こぶし」だそう。
わたしが見るこぶしの実は、もっとピンク色です。


いずれ引っ越すつもりで買った
この古いマンションから引っ越すことは、
多分、ないだろう。


大規模なリフォームをすることも
おそらくない。


漠然と描いていた「いまと違う自分」になることも
ないに違いない。


なるほどな。そうなんだな。
ここだ。ここ、ここ。
これが、現実の「わたしという場所」なんだと。


大丈夫。
引っ越さなくても
大がかりなリフォームをしなくても
「かつて夢見ていた自分」にならなくても
できることはある。
やりたいこともないわけじゃないじゃないか。


そういうことなんだなーと
ストンと胸に落ちました。


あれから、一週間。
明日、同じ道を歩いて仕事に行きます。





フェイスブックツイッターで更新情報をお知らせしています。

★ガウチョパンツには、こんな問題点が(笑)みんな経験しています!↓
「着まわせ!れこコレ~遅れて来たガウチョ(着回し以前)」

【関連記事】6年以上前の記事。多くの人に読んでいただきました。
40代。スタイルのある生き方へ。

★その他の記事に興味のある方は↓
こちらから過去記事一覧をご覧いただけます。

★いつも応援してくださってありがとうございます!クリックしていただくとランクが上がります!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
関連記事

スポンサーリンク