「初々しいベテラン」として仕事を続けるための3か条。


50歳を超えたフリーのコピーライターとしては、
どこに行っても、ほぼ最年長なので
与えられた仕事一つひとつに感謝して


いつも初々しいベテラン


を目標に取り組んでいます。


もちろん、見た目はまったく「初々しく」ないので
どこで「初々しさ」を出すのかですが、


(1)人にも、事にも、物にも馴れ馴れしくしない
(2)可能な限り、すべての人に同じ程度の丁寧さで接する
(3)年齢を意識したリアクションをしない



の上記3つを意識するようにしています。


(1)は、あらゆることに対する「馴れ馴れしさ」の排除です。

「ああ、この仕事はこうですね」という
ルーティン感を出さない。
それを出すと「こなし仕事」の印象を与えるだけでなく
臨機応変な対応を嫌うベテランの弊害=腰の重さを感じさせるので
初々しさから遠ざかり、次第に敬遠されるようになります。
仕事の現場の雰囲気にも「老いのけだるさ」が加わり、鮮度が落ちます。
わたしがクライアントなら、
そんなライターが取材に来たらイヤなので
次からは頼みません。
朝のあいさつから、真新しく、です。


(2)は(3)とやや関係しますが、
相手の立場や年齢、役職、性別などで
できるだけ丁重さを変えない。


仕事場で出会うすべての人に常に同じように丁寧に接する。
若い人にも敬意をもって接した方が、
よいパートナーシップが育め、
結果的に信頼されます。


(3)「似合っている」とか「これ、可愛い」などと言うときに、
「50代の私から見てもかわいいけど、若い人が見たらどうなのかしら?」とか
「ああ。若い人は似合うねえ。うらやましいわ~」といった

自分の老いを自覚するがゆえの「年齢差ニュアンス」は
気づかいから生まれるものであっても
多用するとうっとうしいので、いっそ含めない、



できるだけ、そのままの「似合っている」「きれい」「かわいい」を表現する。

このように接し続けると
「あれ?この人は自分のこと、いくつだと思っているのかな?」と
不思議に思われる場面もあるかもしれませんが、
別に相手にとって不快なことじゃないので大丈夫。


自分を偽らず、卑下せず、迎合せず、素直に感動を表現するほうが、
生きていて楽だし、自分を嫌いにならないで済むというのが実感です。


・・・と、このあたりを意識したうえで
「あらま、ずいぶん、年の人が来たなー」
という反応をされてちょびっと傷ついても
「そんな年齢でも現役なんて素敵>わたし」と思って受け流す厚かましさも
大事ですね。
繊細さと傷つきやすさは別物です。


どんなことでも相談しやすくて、
いざというときは頼りになるベテラン。



仕事だけじゃなくて
ふだんの暮らしでも
そんな感じでいけたらいいな。


年とともに「若い人はいいわよねえ」だけでなく
「わたしなんかが言っても仕方ないけど」とか、
「わたしの意見なんて求められていないとは思いますが」
といったニュアンスが常に含まれるようになる場合があり、
その不要な「自己卑下」によって場の空気がよどむので、
私自身も、そこはほんとに気をつけたいと思っています。




フェイスブックツイッターで更新情報をお知らせしています。

ウェブマガジン「どうする?Over40」、ほぼ毎日更新。今日は、中島慶子さんのイラストによる「着回し」&ヘアアレンジのコツ→「着まわせ!中コレ」でワクワク~♪


★いつも応援してくださってありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
関連記事

スポンサーリンク