「LINEグループ退会」が示す、幼稚園ママ友との悲喜こもごも。


もう、先月のことですが
娘が幼稚園時代のママ友3人と遊びに行きました。


幼稚園からですから、そりゃ、もう、
わが子への夢と幻想は現実に変わり、
それを格差と呼ぶなら、
「ザ・格差」は歴然としています。


でも、まあ、


子どもが超有名国立大学に進学した人は、
夫との不仲をかこち、
夫婦仲のよい人は、
ひきこもりがちな子どもを嘆き・・・という具合に
不思議にバランスがとれていたので
わきあいあいと傷をなめあうことができて楽しかったです。


こんなことがありました。


A子さんが「もう、わたしはこれからの人生、
穏やかであることしか望んでないわー」って言ったんですよ。
ごはんを食べながら。


それを聞いたB子さん(A子さんと仲がいい)が
「なに言ってんの?ずっと穏やかやん!」って笑い飛ばしたら、
「わたしにも、いろいろあるのよ」って
珍しくきっぱりと言ったんですよね。


それから、幼いころの家庭の話をしてくれたんですが、
想像以上に厳しいものでした。


A子さんは、いつも明るくてまじめ。
すくすくと育ったんだろうなあと思っていたら、
過酷な家庭環境でした。


「主人と出会ってなかったら、いまのわたしはない。
わたしをあの家から救い出してくれた。
ほんとに感謝している」


という言葉を聞いたとき、


ほんっとに他人の人生はわからん。


と改めて思いました。
だって、そんな顔してないもん。
明るくて無邪気で幸せそうだもん。


だれにでも、もちろんその人しか知らない過去ってものがあるわけですが、
「ママ友」とか「同級生」とひとくくりになった瞬間に
平穏な、平凡な、幸福な、波風のない、
小さなことで競い合って一喜一憂する・・・的な
イメージが勝手に発動しますが、
断じて、そんなことないと再確認しました。


実は、この日、声をかけたけれど、
来られなかった人がいました。D子さんです。


参加できた4人が翌日、LINEのグループでやりとりし
「楽しかったね!次はこういうところに行こう。今度は、D子さんもね!」と
いつものごとくA子さんが明るく声をかけると、
「わあ。楽しかったんだね!よかったね!」と
元気な返事が返ってきて
そのあと自分自身の簡単な状況説明がありました。
そして次の瞬間、
D子さんは、グループを退会しました。


みんな何も言わなかったけど、
ズシリと重い拒絶のメッセージを受けとったと思います。


誘われたくない、
会いたくない。
放っておいて。


その全部かもしれないし、
別の理由かもしれません。


無邪気なA子さんが毎回誘うのを
「どうなんだろう。迷惑なんじゃないのかなあ」と
少しハラハラはしていたんです。


わたしは、たまに格差を自覚することはあっても
これからもみんなと遊びに行くけれど、
D子さんのわずらわしい気持ちも
わからないでもありません。


じゃあ、わたしは、なんで行くんだろ。
根っこのところで「いい人たちだ」と
思っているからかな。
言葉の上では、自慢っぽく響いても
自慢というよりオープンな人たち。
だから、いいことばかりじゃなくて弱点も語る人たち。
そこが愛おしくて好きなんだと思います。


でも、それも心に余裕がないとわずらわしいか。


あれも、わかる。これも、わかる。
でも、わたしはこっちを選ぶ。
小さな選択をかさねて
生きる世界は少しずつ異なっていく。


D子さんの退会以後、
残りの面々は何もやりとりしていません。
何もかも保留にしておこう、という判断だろうし、
それがいいと思っています。
ママ友に思う。「好き嫌い」については優柔不断でいい。
(↑ 別の友だちのことですが、こんなこと書いていました)




※秘密コメントをくださったPさんへ

記事のカテゴリー分けがわかりにくくてすみません!
お尋ねいただいた記事は、こちらではないでしょうか。
親を「自然に老いさせてあげる」のは、難しいのだ
この記事は、わたしも個人的に好きな記事です。
もし違ったらコメントくださいませ。探してみます。

フェイスブックツイッターで更新情報をお知らせしています。

ウェブマガジン「どうする?Over40」、ほぼ毎日更新しています。今日はこちらにも書いています。いっしょにいたい人たちと、いっしょにやりたいことをする人生・・・KEIKOさんの記事と新連載。

「どうする?Over40」の公式ツイッターもあります。

★いつも応援してくださってありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
関連記事

スポンサーリンク