ファッション誌には決して載らない、容姿の完成度を上げる武器。


老若男女に人気の出川哲朗さんは、
うちの家族の信頼も絶大です。


なかでも昨年放送された「世界の果てまでイッテQ!」の
「出川哲朗のはじめてのおつかい」イギリス・ロンドン編は
大学一年だった娘の人生を変えたといっても過言ではありません。


出川さんが、大英博物館でアヒルのお土産を探すとき
「ドゥーユーノー ガーガーチキン?」
「ミッキーマウスはマウス ドナルドダックはホワッツ?」
と臆することなく尋ね歩く姿を爆笑しながら見て、
「出川さんにできるなら、わたしも一人で外国、行ける!
ロンドン、行こう」となって直後に旅に出たんですから。
教育的効果たるや、恐るべし。


それからというもの「一人旅の女」になり、
いまは、1か月間、フィリピンに行ったっきりです。


それにしても出川さんは、若いころより丸くなって
表情に年輪と知性が刻まれて
容姿の完成度が高くなりましたねー。


全体に丸いながらも
髪型はソフトモヒカン。


この髪型のチョイスも
まあるいなかにとんがりすぎない
でもフツーのおじちゃんじゃない個性を与えていて
いいなあと思います。


自分の性格と仕事(やっていること)と容姿と服装が
ぴったりと合っていて
それが他人に「こういう人なんだ」と
わかりやすく伝わると
完成度が高いルックスだなあと思います。


以前、書きましたが三谷幸喜さんや笑福亭鶴瓶さんも
その意味で完成度の高い人です。
三谷幸喜氏にみる、ルックスの完成度。


女性でいうと誰でしょうねえ。


やっぱり、黒柳徹子さんはテッパンかな。
あのヘアースタイル。
樹木希林さん、もたいまさこさんなどもそうですかね?
同性に熱烈なファンが多いのは
ご本人たちのセンスのよさもさることながら、、
トータルな「完成度」の高さもあるのかもしれません。
わたしは、あき竹城さんも完成度高いなーと思います。
あの人の髪、あの人の口調…
「やぼったさ」の混入度合いに知性を感じる。


ファッション誌には決して載りませんが
「やぼったさ」「あかぬけなさ」「まるさ」
「ちぐはぐさ」「面白さ」「けったいさ」なども
容姿の完成度を上げるための頼もしい武器です。



わたしは、年とともに、そのあたりも含めて
「容姿という自己表現」を考えるようになりました。


「美の競争社会」を生きてきた女性には
なかなか受けいれにくいことですが、
そんなふうに考えると「魅力」のありかが
より見えてくるんじゃないかなと思います。


主戦場は「美とセンス」の場所だけではありませぬ。
わたしも創意工夫して
いろんな観点から容姿の完成度を上げてまいりますよー。




フェイスブックツイッターで更新情報をお知らせしています。

ウェブマガジン「どうする?Over40」、ほぼ毎日更新しています。この執筆者は、樹木希林さんの雰囲気に似てるとこあるんですよ。文章にもきっと。ゾロメ日記 №53 枯渇と復旧と心配と警鐘劇場

★いつも応援してくださってありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
関連記事

スポンサーリンク