髭男爵・山田ルイ53世の言葉は、中年女性の心にも響く。


ラジオや著書でファンの多い
髭男爵の山田ルイ53世さんが
男性学の研究者・田中俊之さんとの対談で
語っている内容がとてもおもしろかったです。


たとえば、


●一緒の方向を向いて悪口が言えるというのは、
非常に大事。そういう人間が絶対必要ですよ。

(カリーナ注:相方のひぐちさんと、そんな関係らしいです)

●(人々は)友達のハードルを若干上げすぎているという気もします。
仕事上のつき合いで、例えば、
「この人と付き合うたら、こういう仕事くるんちゃうか」
「こういう話聞けるんちゃうか」という
若干邪な気持ちがあるのかなと思う相手でも、
別に友達でいいじゃないの、と思いますけどね。


●みんなが主人公にはなれない。
とりあえず、なれた自分でやっていくんだ、
という考えも、大事やと思うんです。


●なるべく敵や競争相手がいないところに行くというのは。
それは全然逃げではなくて、戦略ですから。



どれもいいなあ。
自身の体験と葛藤と思索から生まれた言葉の説得力。
ある種の「卑怯さ」も許容する、正論に傾かない現実への包容力と
これまでの経験がそうさせるのだろう、端々からにじみ出る屈託。


そして、わたしが一番、好きで
敬意を覚えたのは、以下のところです。


「髭男爵」で毎年、単独ライブをやっているんですよ。
ネタ番組とかも出ていないし、
賞レースも年次制限とかもありまして、
出られないやつもいっぱいあるんです。
ネタをかけるところもないので。
毎年、新ネタを何本も作って、結構しんどいんですよ。
手伝いに来ていた後輩に
「なんでそんな毎年単独をやるんですか」と言われたとき、
僕は「正気を保つためや」と答えたという(笑)。


正気を保つためにやる。


ぐーーーっ!かっこいい言葉だーーー!
ライブ後なんかに言われたら、ほれるなあ。


「正気を保つためにやる」というのは、
崩れきらない、厳しさを保つ、能力をわずかずつでも伸ばす…など
いろいろな意味が含まれていますよね。
境遇や環境に関係なく
自らの意思で決め、継続するということでもあります。


「そんなに才能も正直、豊かではないですからね。
結構しんどいんですけれど、
でも、だからやっておかなアカンなということです。」



わたしも「正気を保つ」ために続けます。


対談全体はこちらから
中年男よ、生きづらさは「笑い」で切り抜けろ!
田中俊之x髭男爵・山田ルイ53世が語る、“普通”から逸れた時の生き延び方










フェイスブックツイッターで更新情報をお知らせしています。

ウェブマガジン「どうする?Over40」、ほぼ毎日更新しています。人気のイラストレーター中島慶子さんの「ワクワクしたら着てみよう」は、秋のワードローブにワクワク〜♪


★いつも応援してくださってありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系

関連記事

スポンサーリンク