私たちはもっと「雑事・雑駁・雑品のコントロール力」を誇るべきだ。


こちらの記事にも書きましたが
昭和のよそゆき文化のなかで育った世代は、
カジュアルという「くだけ感のある外出着」が不得意なうえに
いくつかの呪縛があります。


なかでも、
「年とともに上質なものを着るべし」
「暮らしは丁寧に営むべし」の
ふたつの「べし」の呪縛が強い。
2013年にこんな記事を書いています
「上質なものでなきゃ」と思うと行き場をなくす?オシャレ心。


憧れ呪縛ですね。


「上質」には、高級、本物、教養、審美眼などの
「丁寧」には、手間、繊細、慈愛、手仕事などの
価値が含まれているので
憧れとある種の劣等感をかきたてます。


しかし、ふと我に返ると
親世代よりビンボーなわたしに
子どものころから不器用で雑なわたしに
できるのだろうか?そんな暮らし。
そもそも「生活」にそのハードル、高すぎないだろうか??


わたしには、暮らしの能力がないのだろうか。
ことさらに上質でも、丁寧でもない暮らしを生きるわたしには。


いやそんなことはないぞ。きっと、あるはずだ。
見落とされているけども、
本質的な能力があるはずだ。


あった。雑事・雑駁・雑品のコントロール力だ!


雑多なことどもをこなし、
雑駁でパッとしない日々に耐え、ときには笑い、
今日はアマゾンの段ボールを折りたたみ、
明日は中古マンション販売のチラシを片付け、
ありとあらゆる雑品をしまい、捨て…。


雑を受け入れ
雑の浸食に抗いながら
雑な暮らし寸前で押しとどめるチカラ。


偉い!!


「雑」をコントロールする達人として
おしゃれ方面でも「雑味」の演出をめざしたい。




フェイスブックツイッターで更新情報をお知らせしています。ツイッターで話しかけてもらうとすぐにレスします。

ウェブマガジン「どうする?Over40」、ほぼ毎日更新しています。加齢を実感したらカレー記念日。 みなさんもカレー短歌、作ってみませんか。

★いつも応援してくださってありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
関連記事

スポンサーリンク