「とりたてて丁寧じゃなても手を入れて楽しむ価値」をシェアしたい。


去年、トイレの天井と壁を塗り、
今年に入って玄関と廊下、それに娘の部屋の壁を
ペンキで塗りました。

一応、ご紹介しておくと

toilet2
これがトイレ。


genkan.jpg
これは玄関と廊下。バーガンディーとアイボリー。


sae.jpg
これは娘の部屋。くすんだグリーン(奥)とクリーム。


ところどころ粗はあるものの、
もともと細かく見る人間じゃないので
われながらよくできたと出来栄えにも満足しているんですが、
そのほかにもよいことがありました。


最近、「趣味はなにですか?」って聞かれると、
「ペンキ塗りです」と答えているんです。


映画や音楽鑑賞は、一般的ではあるものの、
大ジャンルから極小ジャンルに入ると
「はあ、そうですかあ」としかお互いがいえなくなり、
意外に、会話がつながらない難易度の高いものですが、
ペンキ塗りにはその心配がありません。


相手は、ペンキについて知らないまま、
興味もまったくないまま、
「え?ペンキ塗りですかあ?どこを塗るんですかあ?」と気軽に聞けるのです。
「ペンキ」という言葉の響きもいいんですねえ。
なんかちょっと人を油断させる、とっつきやすさがあるんです。


万が一、話が広がらなくてもなんせペンキですから、
教養のなさも、知識のなさも露呈する心配はありません。
ヒジョーに気楽に上機嫌に話が進みます。
「え?え?ペンキって?」と途中から話に加わる人もでてきます。


わたしは、「ちょっと待ってくださいよ~」と大げさに言いながら
スマホの写真を探して見せるんですが、
お愛想の部分を差っ引いても、


男女を問わず、若い人が興味を示す



傾向にあることがわかりました。


ペンキの購入先や塗る手順、必要な道具や所要時間などを
熱心に聞かれることが多いし、
「僕は、漆喰を塗ったんです!」と
30代の男性が、勢いよく自宅の壁の話をしてくれたこともあります。


自分の家に少しずつ手を入れる楽しさは、
年齢に関係なく共有できるんだなあ。
そして、そこから生まれる会話は楽しいなあ。



としみじみ思いました。


わたしは不器用だし、雑なので
「こんな素敵な家に住んでいるんだ!」
「こんなすごいDIYができるんだ!」という感動は
逆立ちしても与えられませんが、
「こんなにうれしそうに自分で手を入れながら
暮らす方法があるんだ!」ということは伝えられる。


そういうわたしなりの暮らしへの向き合い方、
「とりたてて丁寧じゃなくても
いろいろ工夫して楽しめる」ということを
シェアしていけたらいいなあと思います。


なんか、そのあたりには「やらかい人たち」が
世代を問わず住んでいそうな気がします。
ペンキは作業もいっしょにできるしね\(^o^)/


門倉多仁亜さんのお母さんはサッシの内側もペンキでアイボリーにしています。
この本の特に後半のお母さんのインテリアのところ、何度も何度も見てしまいます。





★お知らせとお願い★

ウェブマガジン「どうする?Over40」ではメルマガを配信しています。
次回のテーマは
「オバフォー祭りをファッションで振り返る。
カジュアルな晴れの場。何を選択基準に何を着た?
オバフォーのリアルクローズを探る!」
です。
10月16日のオバフォー祭りに参加くださった皆様のなかで
「こういうことを考えて、これを着ていった」と教えてくださる方は、
こちらまでメールをください。→
メルマガで紹介させていただきます!
参加はしていないけど、もし、参加するならこういうものを着ていく!という
メールも大歓迎です。よければブランドのリンクや大まかな価格も教えてください。
お待ちしています!
メルマガは購読無料です。よかったら、どうぞ。バックナンバーも読めますよ。




フェイスブックツイッターで更新情報をお知らせしています。ツイッターと一緒にブログを読んでもらうと面白さ増します。

ウェブマガジン「どうする?Over40」、ほぼ毎日更新しています。月曜はこちらにも書いています→オバフォー祭りから早ひと月。メルマガで「何を選択基準に何を着て行った?」特集をする予定です。

★いつも応援してくださってありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系

関連記事

スポンサーリンク