ブルーライトカットレンズの「青い反射」が奥様メガネに見える!


新しいメガネを買ったことは前にも書きましたが、
はじめてブルーライトカットレンズにしました。


屋外の強い日差しやパソコン、スマホなどの
「青い光」をカットして目を守ってくれるというレンズ。
そういうことならぜひ、カットしてもらいたい!


・・・と勢いこんでいたのですが、
やはり、カット率が上がれば
サングラスみたいに茶色くなるのね。
(ちょっと考えればわかりそうなものですが、
知らなかったーー!)


JINSには、
●ほぼ無色
●ほんのり茶色い、
●かなり茶色い
という3種類のレンズがありました。


メガネ美人の感じのいい素敵お姉さんが、
「わたしがいまかけているのが、ほぼ無色のもので
こんな感じになります」
とにっこり微笑んでくれたのですが、
何も気にならなかったので
「んじゃ、それで」と即決。


ところが、できあがったメガネをかけてみたら
どうも、レンズが青い。


岐阜県メガネ組合のサイト
詳しく説明してあるように
色のつかないクリアなものも
「レンズの色はほとんど変わりませんが、
レンズに光が当たった時には青く反射」
するのです。


だから、青い色のついたメガネをかけているように見えるんだ!


そうだったのか!
メガネ美人のお姉さんを至近距離で見たときは、
気づかなかったよ!


レンズが青くて何が悪いかって
なんにも悪くないのですが、
どうも、わたしがかけると


あえて紫や青をレンズに入れて
オシャレをしている「奥様メガネ」に見える。



ちがう。進みたい道はそっちじゃない。
わたし、その奥様っぽさ、望んでない。


…というわけで少しお金を払ってもいいから、
ブルーライトカットをはずしてもらおうと電話してみたら、
保証期間中なのでオーケー。
しかも、ブルーライトカットレンズ代5000円を返却してくれるとのことでした。
うれしい。聞いてみるもんだ。(約1週間から10日かかります)


思えば、家でパソコンに向かうときは
家用のメガネ(料理で油が飛んでもいいメガネ)をかけているので
新しいメガネにブルーライトカットはいらなかったんだな。


今度、ブルーライトカットレンズにするときは、
パソコン用のメガネを決めて
カット率の高い茶色のものにしよう。


青色がちっとも気にならない人もいると思いますが、
これから、ブルーライトカットレンズ(クリア)にしようという方は、
どんなふうに「青く」見えるのか、
その見え方が気にならないか、
よくチェックすることをおススメしますよん。





フェイスブックツイッターで更新情報をお知らせしています。フォローしたら気軽に話しかけてください♪ちょっとした相談にものりますよー。

ウェブマガジン「どうする?Over40」、ほぼ毎日更新しています。昨日はこちらにも書いています。「かっこよくなくてもかっこいい。わたしは、そう見る」というオバフォー的賛辞。


★いつも応援してくださってありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
関連記事

スポンサーリンク