小さい恥を重ねて 細かく軌道修正して、幸せのほうに歩いていく。


何となく気乗りしないで
後回しにしてしまうことがあります。
やろうとするけど億劫。
手をつけなければ気になる。
そういうわけで気が重い。


こういうとき、わたしなんか根がまじめだから、
「怠けグセが出たよ」とすぐ思っちゃいますね。


「いつもの怠けグセだよ」と思って
架空の「なんでも手早くこなせる優秀な人」を思い描いて
勝手に自分と比較して
劣等感を感じてしまう。


先日も、そういうことがありましたが、
夜中にようやく手をつけて
一応、カタチにしました。


そして翌朝、駅のホームを歩いているとき
はたと「あ!あの方法じゃダメだな」と思いつきました。
「こっちのほうがいいんじゃないかな。そういうことかあ。
なるほど、それで気乗りしなかったんだなあ」と腑に落ちたのです。


その件は、もう完成させて相手に送ってしまっていたので
手遅れといえば、手遅れなんですが、


何となく気乗りしないながらも手をつけて、
いったん、軽く失敗したからわかった


のであって


何もしなかったら、「怠けグセの箱」に入れたまま


でした。


「気乗りしないこと」には、
気乗りしない理由がある。
でも手をつけないままだと
それが何かがわからない。


手を動かしてみて
軽く失敗して
間違いに気づいて
軌道修正する。


起動修正した道が正解とは限りませんが、
少しだけ視点が変わったり、視野が広がったりする。
その都度、立ち直れないほど落ち込まない
「失敗耐性」も大事だなあ!と思います。


人の道から、はずれていなければ、
「人生の恥はかきすて」。
みんな、そんなに覚えてないし、
わたしに興味もないからね。


これからも小さい恥を重ねて
そのたびに細かく軌道修正して
幸せのほうに歩いていきたいなあと思います。





フェイスブックツイッターで更新情報をお知らせしています。フォローしたら気軽に話しかけてください♪ちょっとした相談にものりますよー。

ウェブマガジン「どうする?Over40」、ほぼ毎日更新しています。マンガ好きが熱く語る「このマンガはなんかすごい」は、第8回:清水玲子を語る!

★いつも応援してくださってありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
関連記事

スポンサーリンク