「ドタキャン、オーケー」の気楽さで、未来の自分にも自由を。


子育て中の人も介護をしている人も
予定どおりには行動できないことが多いです。


わたしは、いま、そのどちらもしていないので
「なんとかなるだろう」と安易に思いがちですが、
それは大きな間違い。


実際には慎重に段取りし
綱渡りのような状況のなか
アクシデントをかいくぐり、
なんとか、約束したとおりの行動をしている人がほとんど。


だれかのケアをする、そのケアの主体である、ということは、
そういうことなんですね。


今年は、わたし自身が、そのことを改めて感じたので
肝に銘じておきたいと思っています。


そして


ドタキャン、オーケーの気楽さ。


をもっと大事にできないかと考えるようにもなりました。


当日までわからないけど会いたい。
ぎりぎりまでわからないけどやってみたい。
最後の最後までドタキャンの可能性あるけれど
わかり次第、連絡する。



そういう気持ち、
そういう事情を
もっと大事にしよう。
大人なんだもん。
優柔不断と無責任の果てのドタキャンとは区別できる。



ここまでは子育てや看病、介護など
「自分以外をケアする」ことについて書きましたが、
「自分自身が病んだとき」だってそう。
当日の体調は予測がつかないけれど、
でも行きたいし、行くための努力をする!
そんなことはいくらでもあるでしょうし、
年とともに増えていくのは間違いありません。


気楽さという「幅」をつくることは、
これからの自分にも「自由」を与えること。



「会いませんか。ドタキャンしてもいいですよー」
そんな気楽さを意識的に大切にして
予定変更に臨機応変に対応できる楽しみの引き出しも増やして
来年も会いたい人に会って語り合い、
はじめての人とも、もっと出会う一年にしたい。


そう思っています。


みなさま、よいお年を。
来年も、このブログで、オバフォー
そして、もしかしたら、どこかで実際にお会いしましょうね。




フェイスブックツイッターで更新情報をお知らせしています。フォローしたら気軽に話しかけてください♪

ウェブマガジン「どうする?Over40」、ほぼ毎日更新しています。「Sex and the Age」「ただいま、閉活中」などはコメントも読みごたえあります。

★いつも応援してくださってありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系

【おまけ】うちに来て3日めのスー。ラブリー。
IMG_0757_convert_20171229191007.jpg
関連記事

スポンサーリンク