本当に成長しているときは、混沌と混乱のなか。待つ、が大事。


年末にやってきた子犬のスーは、
あらゆるところに首をつっこみ、
あらゆるものを噛み、走り、落ち、転げ、
乱暴狼藉の限りを尽くしながら
日々、大きくなっています。


その「何かに突き動かされるように動いてしまう姿」を見て、


神様は、なぜ、
「犬たちは、何代も前から
こういうことをやってきたんだから、
そろそろ、向こう見ずな行動はスキップして
落ち着いた犬として誕生させよう」と思わないのかと
毎度毎度、不思議に思います。


人間の子どもも同じだなあ。


あらゆるものを口に入れ
危ないところに興味をもち、
転んで、ケガをして、大泣きする。
思春期だってそう。
精神的に転んで、ケガをして、大泣きする。
危なくて、不安定。


なんか、あれなのかな。


神様は、
生まれたばかりの幼子に
持て余すほどの多大なエネルギーを与えて暴走させ、
痛い目を見させながら、
この世界という複雑な生態系の
膨大な事物に触れ、
情報を処理し、理解し
適応できるように仕向けているのかな。


そのすごいところは、

●混沌に丸腰で身を投じさせること
●痛い目を見る危険も放置

ってとこですね。


思えば、


全身全霊の成長。
まるごとの理解。
完全なマスター。


は、こういうところをくぐってこそなんですよね。


混沌のなかに身を投じて
最初はわからないまま
おののきながら、身を置くなかで
ものごとの関連づけができるようになり、
あの人とこの人のつながりがわかり、
あのこととこのことのつながりがわかり、
そこで自分が何をすべきかもわかる。
スムーズに情報処理ができるようになり
理解し、対応できるようになる。


大人になってもそう。
新しい職場にはいったときなんか
まさしくそうじゃないですか。
習い事やサークルも
そして旅も!


この混沌、切り捨てちゃいけないぞ。
一見、無駄に見えるすべてが
いつか有機的につながって
しなやかな強さになる。
混沌として目に見える成果の見えない時間。
大事なんだよなあ。


年をとるにつれて
焦らないこと、待つことの大事さを
しみじみ思いますねえ。


自分のことも待ってあげる、が大事よ。





フェイスブックツイッターで更新情報をお知らせしています。フォローしたら気軽に話しかけてください♪

ウェブマガジン「どうする?Over40」、ほぼ毎日更新しています。先週は忙しくてブログ更新もできませんでした。こちらの記事も月亭さんが書いてくれました。私よりおもしろい!→オバフォーからのニュースいろいろ。今週は、月亭つまみがお知らせします。

★いつも応援してくださってありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
関連記事

スポンサーリンク