自分を責め過ぎない。怒った私を許してあげよう。


先週は、「荒ぶり週間」でした。


少しずつ思慮深く冷静かつ温和に
齢を重ねてきたつもりでしたが、
先週は、お見舞いに来た義母に怒り、
マンション管理組合の会長さんにも怒りをぶつけました。


荒ぶったなー。


義母のことはご想像にお任せするとして、
管理組合の会長さんとは、
駐車場の問題でぶつかりました。


夫の車は廃車にしたけれど
春には新たに購入するかもしれないので、
来年3月まで猶予がほしいと事情を説明したものの
ルールだから明け渡してくれ、の一点張りだったからです。


被害者意識、強まる。


結論から言うと
荒ぶっただけで
物事は何も解決しませんでした。


発散したいだけなら、怒れ。
解決したいなら、怒るな。


わかっていたはずなのになあ。


「荒ぶっちまった」と反省していたところ、
翌日、犬の散歩をしていたら
ばったり会長さんと会ったのです。


向こうは気づかず通り過ぎようとしましたが
「あ!会長さん!」と呼び止め、
「昨日は感情的になって申し訳ありませんでした。
会長さんは、イヤな役割を引き受けて来てくださっただけなのに」


そう言って頭を下げると、
会長(女性。60代ぐらいか)は一瞬驚いたあと、
パーっと明るくなり、それからクシャっと顔をゆがめ、
「私は、なんとかしたいと努力したんです。
大変なことがわかっているから。
本当にごめんなさい!」
となんだか謝罪合戦になりました。


よかった。
この偶然の出会い、
神様が与えてくれたんじゃなかろうか。


怒りは生産的な行動ではないので
できれば怒らないほうがいいけれど、
わたしは、今回の自分の「荒ぶり」を
許してあげようと思っているのです。
許して、理解してあげようと。


この3カ月あまり、
概ね笑顔でやってきたけれど
「なんでだ!?」という思いが
蓄積していたんでしょう。
それが、大人げなく噴出したんだと思います。


お義母さんともそれなりに仲直りして
円満に別れたし、よかったことにしよう。


自分を責め過ぎない、
自分の過ちをゆるす。
これもたまには大事なんじゃなかろうか。


しかし、「怒り」からは何も得られない。
再び、肝に銘じました。





フェイスブックツイッターで更新情報をお知らせしています。フォローしたら気軽に話しかけてください♪リアルタイムにツイートしているのでライブ感あります。

ウェブマガジン「どうする?Over40」、ほぼ毎日更新しています。月曜にはこちらにも書いています。自分で決める幸せ、なんとなく決まっていく幸せ。

★いつも応援してくださってありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系

関連記事

スポンサーリンク