いつもと違う場所でわかった、自分と衣服の「くたびれ」感。



昨日は、早朝から某食品メーカーを取材に出かけたのですが、
インタビューを終え、
工場内での撮影に映ったときのことです。
「寒い!寒い!」とみんなで建物のなかに入ったら、
あちこちに大きな、大きな鏡!


特に意識して見ようとせずとも
おそらく20代半ばの女性社員さん、
おそらく40代の担当営業女性、
間違いなく57歳のわたしの3人が
その大きな、大きな鏡に映りました。
全身です。


あれ?わたしの顔の造作はどこにある?


まず、自分の姿にフォーカスしてそう思いました。
この鏡、映りがぼんやりしているのかな。
それとも、わたしの目がさらに悪くなったのかな。


しかし、40代の女性を見ると顔の輪郭も造作もくっきり!
20代の女性なんてピカピカお肌に
山口百恵に似た魅力的な口元まで
しっかりと見えます。


わたしの顔の造作だけ、見えにくいのか。


「あの人、鏡をチラチラ見ているなあ!」と思われないように
ビミョーに間隔を開けつつ、
たまたま鏡が目に入った風を装いながら
チラチラと鏡を見てみたら、
ほかの二人はもちろん、
50代の男性ディレクターも
40代前半の女性カメラマンも
肉眼で見るとおり、
そのままの雰囲気で鏡に映っています。


つまり、これが、わたしなのだな。
ずいぶん、おばあちゃん風味であることよ。


この前、夫の病院に行くとき
無料送迎バスの運転手さんが
わたしの気持ちを明るくしようと
なごやかかつ、にこやかに
「お孫さんはずいぶん、大きくなられましたか」と
孫のいないわたしに聞いてきて地雷を踏む、
というミスを犯されましたが、
それも、やむなし。


この送迎バスに乗るとき、
ついつい自分が若手のような気持ちになって
乗りにくい後ろに「わたしが行きます!」と名乗り出て
先に乗り込んでいたけど、
自分が自分に対して感じているこの「若手感」、
そろそろ賞味期限切れなのかもしれないな。


「若くありたい」という願望とは別に、
というか、その願望はさほどなくても
自分が長年慣れ親しんできた「若手感」は
意外に手放しがたく、ひょっこり顔を出すのです。
(だって生まれてからこの方、
すっと「年上の人たち」がたくさんいたからねえ!)


若見えしていると思ったことはないが、
その自分の想定以上に「年相応」であることよ。


昨日みたいに、
いつもと違う場所で
いつもと違う面子に
自分を混ぜて置いてみると
日ごろの「くたびれ」がくっきり見えました。
身に着けていた服や小物も
自分では「まだまだ新品」感覚だったのですが、
思っているより、くたびれていました。


鏡よ。いろいろ映してくれてありがとう。


日々、やるべきことに追われる「疲れ」は、
「くたびれ」になる。
新しい服でも買って
くたびれ払拭しようと思いました。





フェイスブックツイッターで更新情報をお知らせしています。フォローしたら気軽に話しかけてください♪リアルタイムにツイートしているのでライブ感あります。

ウェブマガジン「どうする?Over40」、ほぼ毎日更新しています。月曜日にはこちらにも書いています。犬でわかる。一度の経験で語れることなんてない。人生もか?

★いつも応援してくださってありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
関連記事

スポンサーリンク