装備の与える印象は侮れぬ!雨には濡れないように、寒さには温かに。



しばしば書いているのでご存知の方もいるかもしれませんが、
スー(一歳オス、雑種犬)の散歩は真剣です。(私が)


右手にリード、左手にスマホ…なんて
優雅な散歩ではありません。
全力投球、一歩入魂、真剣勝負。


3メートルのセミロングリードを両手で持ち、
人通りが多ければグッと短く、
公園などでは長くするなど
常に丹田(おへその下あたり)に力を入れて
細かくコントロールしながら散歩します。


問題は雨の日です。


なんせリードを両手で持つので
傘がさせません。


傘はなくとも散歩はしたい。(犬が)


そこでレインコートとレインハットを装着して出かけ(私が)、
散歩時間も短めに済まそうとするのですが、
スーは多少の雨はなんのその。
濡れるのなんて気にしない。
へっちゃら、へっちゃら。ルルルルルン。


わたしは、次第に寒くなり、イヤになり、
もくもくと歩いてはいるものの、
終始一貫、仏頂面。
滅私奉公。


濡れそぼるレインハット
濡れそぼるレインコート。
そこからはみ出る、
これまた濡れそぼるジーパン。


「さ、もう、帰る、帰る。そこまで、そこまで。
はいはい。もう、それはいい。
さっさと歩く」なんて
どすの効いた低い声で
不機嫌にブツクサ言いながら
家路を急ぎます。


17キロの血気盛んな中型犬に
しぶしぶ付き合う老嬢といった趣き。


そのときです。


「スーちゃーん!
〇〇(←娘の名前)ママーーー!」



反対側の通りから
明るく若い声が響きました。
濡れそぼるレインハットの下から、
濡れそぼる眼鏡越しに目をやると、
美しい色の傘を差した
光り差すように晴れやかな服装の若い娘。
あでやかな笑顔。
あそこだけ晴れてる??


娘の友だちのみっちゃんではありませんか。


「わーー!みっちゃーん!」と
無理くり、大きく手を振る私。
にこやかにお辞儀してくれるみっちゃん。


まずい。


みっちゃんのお母さんと私は、とても仲がよく、
夫の病気のことも、わたしのことも心配してくれているのです。
必ずや、「濡れそぼり散歩」が話題になり、
またもや心配させてしまうに違いない。


案の定、その夜、
「雨の中、傘もささずに散歩してたって?
風邪ひくよーーー。せめて厚地のウィンドブレーカー着ないと」と
ラインをもらいました。
やはり濡れそぼっていたんだな。


レインコートとレインハットが
中途半端なタウン仕様なのがダメなんじゃないか。
もっと、アウトドア的な、山登り的な、
もしくは水産業的なヘビーデューティー感が必要なのではないか。


みっちゃんは声をかけてくれたけど
「あの人、いつも濡れそぼってるよねー」
「あら、雨。今日もあの人、濡れそぼるのかしら?」なんて
あちこちの家庭で話題を呼ばないとも限りません。
せめて、ちゃんと雨装備を整えようと思いました。


寒そうな人は、寂しそうな人に見えちゃうね。


犬は「スーちゃんみたいなリードにしたい!」と言われる充実装備。
ハーネスもリードも気に入っています。
(3mリードは中型犬以上にオススメです。伸縮リードよりいいと思う。)








フェイスブックツイッターで更新情報をお知らせしています。フォローしたら気軽に話しかけてください♪リアルタイムにツイートしているのでライブ感あります。

ウェブマガジン「どうする?Over40」、ほぼ毎日更新しています。月曜日にはこちらにも書いています。「同じ」は大雑把な感覚。内実は、千差万別。

★いつも応援してくださってありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
関連記事

スポンサーリンク