恋愛は一人の人間と一人の人間が、 互いの中に「宝」を探すゲーム。


山里亮太さんと蒼井優さんの結婚会見、素敵でしたねー。


山里さんのピックアップする蒼井さんの行動や表情が
どれも魅力的だった。



蒼井優だというドキドキが数分でなくなるぐらい気さくに話してくれて。

スゴイ楽しいということを全力で僕に伝えてくれて。

「どうしたの?」と聞いたら「終電が……」と。「タクシー乗ればいいじゃん」と言ったら「まだ時間あるから」と。

海老とかを使った料理ではですね、すごいスピードで背ワタを抜くんですよ。その姿を見ると、すごくかっこいいんです。



もうー。どの蒼井優像も、
みずみずしくて堅実で
生活に根ざして
すっくと立っている強さと
思慮深さがある!


なかでも、わたしが一番、好きなのは
一番最後の「背ワタを抜くかっこよさ」に触れたところ。


台所の流しに向かって立ち、
集中した表情、やや寄り眼になって
殻をむいたエビをグッと片手に握り、
その背中に竹ひごを軽く刺して
黒い背ワタをグイっと引っ張り出しては捨て
次のエビを握り、
竹ひごを刺して引っ張り出しては
捨てているのでしょう。


その姿を「かっこいい」と思って見つめる
山里亮太さんのまなざし。


いやあ、まなざしって、愛。


この会見は蒼井優という人の
これまでには知られていなかった魅力を
これでもか、というほど引き出して見せてくれましたが、
それは、その魅力を発見し、
そこをピックアップして
伝わりやすい言葉で再編集して表現した
山里亮太氏の人間性と能力の賜物でもありますね。


人の魅力って
それを発見してくれる人の存在があってはじめて
表に出ることができ、
周知されるもの!


恋愛は、一人の人間と一人の人間が
互いのなかに「宝」を探すゲームだ。



何が「宝」かわかっていないと
その「宝」は見えない。


蒼井優という人は、
自分自身の宝を大事に育ててきて、
それを発見してくれる人をようやく見つけた。
よかったなー。


余談ですが、
上記にあげた発言の抜粋、
こちらを参考にしました
そこでは、「背ワタを抜く」が
「背中を剥く」になってた
テープ起こしした人、
背ワタの存在、知らないな(笑)。
宝、発見できないぞ。



夫の発病から今日までのことを書いた新聞連載「献身と保身のはざまで」
静岡新聞でも始まったと教えていただきました。

現在、熊本日日・岐阜・山陰中央新報・四国・茨城・秋田魁新報・山陽・埼玉・愛媛・神戸・徳島・北日本・岩手日報の各新聞で掲載されています。
お住まいの地域のみなさま、よかったらお読みください。


  詳細や経緯はこちらの記事をご覧ください。

似た境遇の人はもちろん、さまざまな責任を負いながら奮闘する同世代の女性に伝わるようにと願いながら書いています。お住まいの地域の方、読んでもらえたらうれしいです。




フェイスブックツイッターで更新情報をお知らせしています。フォローしたら気軽に話しかけてください♪リアルタイムにツイートしているのでライブ感あります。

ウェブマガジン「どうする?Over40」、ほぼ毎日更新しています。月曜にはこちらにも書いています。
★いつも応援してくださってありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
関連記事

スポンサーリンク