小規模修繕を繰り返し、「肉体のスラム化」を防ぐ!



歯医者さんでふと診察券を見たら
初診が平成20年になっていました。


いまから、11年前!わたし、46歳のとき!


このとき、歯周病治療に本腰を入れはじめ
以来、まじめに通い、
まじめにブラッシングをし、
歯の見かけは相変わらず悪いものの
なんとか悪化を防いでやってきたのです。


思えば、このときが、
老朽化を防ぐ修繕の第一歩だったのだな。


だからといって歯の状態がよいか、というと
ビミョーなのですが、
悪化にはずみをつけない、
自分の歯をぎりぎりまでもたせる。
その努力、惜しむまい。


というわけで、
「歯の大規模修繕」に着手したのが
40代半ば過ぎだったのですねえ。
わたしの場合。


もう、あれから11年かあ。


・・・とひとり勝手に、
しみじみしているのは、
膝が痛いからです。


歩くのは大丈夫だけど
立ち上がりが痛い。


閉経後の中高年女性に多く
膝痛の9割がそうだとされる、
変形性膝関節症じゃろか??(ネット調べ)


主な原因は以下の3つらしい。


●女性は男性より筋肉量が少ない
●加齢とともに基礎代謝が低下して太りやすくなるため、関節にかかる負荷が大きくなる
●閉経とともにホルモンの分泌が減少し、骨が弱くなる



膝に負担がかかるほど太ったことはないはずなので
筋肉量の減少と
女性ホルモンの減少による骨の弱化かあ。


いずれにしろ、ザ・老朽化ですな。


来たね。膝痛。
老朽化のわたし的・第二ステージ。



「痛いなあ」と思いながら放っていましたが、
悪化を防ぎ、老朽化を遅らすために
そろそろ本腰を入れねばなりません。
スーの散歩ができなくなったら、どうする!?


わたしが住んでいるマンションは、築40年超。
小規模&大規模修繕を繰り返し、
かろうじて美観を保っております。
自分の住んでいるマンションを見習え。
小さな不具合を放置して老朽化が進めば、
スラム化するのは、
マンションも、肉体も同じことだぞ。


まずは病院に行って正確に診断してもらい、
その後、筋肉量(膝以外の筋肉で支えるのが大事らしい)を
増やす運動をはじめるとしますか。


老朽化の箇所は、人それぞれ。
手当てしながら、廃墟化、食い止めましょうぞ。
わたしもがんばる。



夫の発病から今日までのことを書いた新聞連載「献身と保身のはざまで」
現在、熊本日日・岐阜・山陰中央新報・四国・茨城・秋田魁新報・山陽・埼玉・愛媛・神戸・徳島・北日本・静岡・岩手日報の各新聞で掲載されています。
お住まいの地域のみなさま、よかったらお読みください。


  詳細や経緯はこちらの記事をご覧ください。

似た境遇の人はもちろん、さまざまな責任を負いながら奮闘する同世代の女性に伝わるようにと願いながら書いています。お住まいの地域の方、読んでもらえたらうれしいです。




フェイスブックツイッターで更新情報をお知らせしています。フォローしたら気軽に話しかけてください♪リアルタイムにツイートしているのでライブ感あります。

ウェブマガジン「どうする?Over40」、ほぼ毎日更新しています。月曜にはこちらにも書いています。こちらも手仕事のこと。虚無には陥る。大事なのは、陥ったままにならないこと。

★いつも応援してくださってありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
関連記事

スポンサーリンク