カラダを動かす以上に、体力を消耗する「段取り脳」の常駐。


あらかじめ段取りを考えて行動すると
バタバタあわてずに済み、
日々の暮らしがスムーズになる、
ということは、
わたしなどが言うまでもなく
みなさんご存知のとおり。


長くブームの続く「作り置き」などは
その代表例ですね。
毎週末に主菜や副菜を作っておくと
平日の晩ごはんが楽。
栄養バランスのいい食事を
パパっと作って自分も家族も食べられる。


たかが、晩ごはんといえども、
あれは、さまざまな葛藤を巻き起こしつつ
日々繰り広げられる、人生イベントですからね。


「作り置き」は、
時短、節約、栄養バランス、食を供給する者の正義感などなど
いくつもの満足が得られるから、
大変でも、がんばって続ける人が多いのですよね。


しかし、晩ごはんだけで済まないのが
毎日の暮らしの現実です。


わたしも、忙しい日は
えーとえーと、と
翌日の行動を頭でなぞる。


むむ。朝は時間ないぞ。
今晩のうちに洗濯物を干しておき
朝は、暗いうちに犬の散歩に行くしかないな。
でもって、夫の病院には何時に行って
お昼をそのロビーで食べるか。
ってことは、節約のために
簡単なお昼ごはんを持って行こう。
でもって病院を何時に出るかな。
そこから取材先までの時間を乗換案内で検索し、
なるほど…ってことは、
取材先に行く途中で
ちょっとだけ買い物をしておきたいな。
取材を終えて帰途につくのは何時だから
この駅のスーパーで生鮮食品の買い物をしよう。
…ってことは買い物メモ、作っておかねばな。


こうやって書いてみると
食材の買い物の合間に
他の用事を済ませている感じですが
いずれにしろ、段取りを考えていることに違いなし。


そして、この、
「段取りをきっちり考える」日が続くと
ものすごく疲れます。


「段取りを考える」というのは、
バックグラウンドでアプリが動き続けている、
みたいなもんなんでしょうね。



スマホやパソコンが
省電力やスリープ状態になっていても
「段取り脳」というアプリが「常駐」していて
電力ならぬ、体力を消費している感じ。


だから、疲れる。消耗する。


年末年始の女性なんか、
もう、段取りの嵐だから、
すごく疲れる。


わたしがまだ若くて
両親も元気だったころ、
実家に帰ると
それなりに気は使っているものの、
カラダの芯のところで
疲れがとれていく気がしたのは、
あれ、段取りを考えないで済んだからだなあ。


料理や掃除洗濯を手伝っても
両親に「ごはん、どうする?」って言われて
「なんでもいいよー」と言えばよかったから
段取り脳が完全に停止していたんだな。


みなさんは、この年末年始、
一日だけでも「段取り脳」を停止できそうですか。
旅行なんかに行くと
旅の段取りは考えなくちゃいけないけど
日常の段取りからは解放されるから、
リフレッシュしますね。


家事、仕事、子育て、孫育て、介護…などなど
段取り目白押しの日々を過ごしていると
カラダはそんなに動かしていなくても
疲れがどんどんたまっていくので


段取り脳、たまには強制終了すべし。


朝起きてから、夜寝るまで、
「あれをこうして、こうやって」と考えない。
家にいると難しいけども。


段取りは、消費体力、大きいです。


ずぼらなお年をお迎えください。



私の連載コラム「献身と保身のはざまで」、山形新聞で連載中と聞いています。


そのほかに現在、熊本日日・岐阜・山陰中央新報・四国・茨城・秋田魁新報・山陽・埼玉・愛媛・神戸・徳島・北日本・静岡新聞・福井新聞・信濃毎日・岩手日報・東奥日報・新潟日報・神奈川・佐賀・宮崎日日・上毛・長崎新聞でも掲載(終了紙もあり)されています。

  詳細や経緯はこちらの記事をご覧ください。←感想や意見もコメント欄にたくさん入っています。

似た境遇の人はもちろん、さまざまな責任を負いながら奮闘する同世代の女性に伝わるようにと願いながら書いています。お住まいの地域の方、読んでもらえたらうれしいです。



フェイスブックツイッターで更新情報をお知らせしています。フォローしたら気軽に話しかけてください♪リアルタイムにツイートしているのでライブ感あります。

ウェブマガジン「どうする?Over40」、ほぼ毎日更新しています。月曜日はこちらにも書いています。淡々と勤勉に、明るさと温もりをもって。

★いつも応援してくださってありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
関連記事

スポンサーリンク