私のような人に届け…新聞連載を土台としたコラムが出版されます。


昨年、「献身と保身のはざまで」というコラムを
全国の地方紙20数紙に連載しました。
夫が倒れたときからのことを書いた
ノンフィクションです。


賛否両論あり、
稀に厳しい批判もいただいたんですが、
掲載された各新聞社に
「この人の著書があれば教えてくれ」とか
「これは本にならないのか」など、
問い合わせがあるなど
それなりに反響が大きかったようです。
サイトにもコメントが多数、寄せられています


実は、この連載は、
ずっとブログを読んでくださっていた
共同通信社のM氏が、夫が倒れた20日後に、
「転院先を探しておられるなら、
ここはどうですか」と教えてくださったのが
きっかけなのです。


そのメールに、
私は、こう書いていました。
一部抜粋しますね。


「献身」に集約されない
リアルで人間くさく、ちょっと狡猾で
ディテールに富んだ経験を書きたいと思っています。
まとめたら読んでいただくだけでもありがたいです。

わああ。長々と自分のことばかり書きました。
テキトーに読み飛ばしてください!



これを読んだM氏が、
「わかりました。私が企画します」
と返事をくださって
(でも、そのとき、M氏は
少なくとも1年後ぐらいだろうと
思っていたのです!)


ところが、わたしは、
その日から、まさしく
怒涛のように、
叩きつけるように、
すがるように猛然と
書きはじめました。
今も、夜明け前の4時ころに
パソコンに向かうときの静かな空気や
夫の二度目の手術
(頭蓋骨を戻す手術)のとき、
寒くて薄暗い喫茶室横の机で
めちゃめちゃ集中して
書き続けたときのことが
目に浮かびます。


そして、なんと10月15日に
ほぼ書き上げて送っていました!
(一年後でなく、ひと月後!笑)


ここから、腹をくくったM氏が
社内の反対を押し切って
(そのことはわたしには
秘密にしてくださっていた)
企画を実現くださったのです。


「献身と保身のはざまで」は
あの突然、降りかかった悲劇と混乱のなか、
前向きに生きていくために
自分で自分に点火した、
大げさに書くと、
炎のようなものでした。
(いや、ほんとに)


文章を書くことで自分を支えたのだなあと
今になって思います。
Mさん、ほんとにすみません。
ありがとうございました。


そのコラムが
ベースとなった書籍が
主婦の友社から
出版されることになりました。



これも、
たくさんの偶然と縁と
友人のサポートがあって
実現したものです。
追々、書いていきますね。


新聞とは違って
わたしのことをまったく知らない
(まあ、ほぼすべての方がそうなんですが)
書店の介護コーナーにふらりと来た人が
「コミックエッセイかな?」ぐらいの
つもりで手にとってもらえるよう
軽く、楽し気な装丁になっています。
(でも、中身は、
自分で言うのもなんですが
身を削って、批判覚悟で正直に書きました。
人懐っこい顔をしているけど
深いです←きっぱり)


本日、校了し、
ツイッターでもご報告しました。








発売日が決まったら
またここでお知らせしますね。


わたしのような人に届け。



祈ったのはそれだけです。
ぜひ、お読みください。

アマゾンで予約が始まっていました。
発売は、10月30日です。よかったら、ご予約ください。



ウェブマガジン「どうする?Over40」、ほぼ毎日更新しています。月曜にはこちらにも書いています→100のアドバイスよりスマートウォッチ!10月の在宅デトックス、参加募集中でーす。
★いつも応援してくださってありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
関連記事

スポンサーリンク