自分の用事を片付けるように人を助けてしまう、カッコよさ。


電車に乗っていたら、
左側の端のほうがかすかにザワザワしていることに気づきました。


前屈姿勢で立つ制服姿の男子高校生に
小声で話しかけるようにティッシュを渡す女性。
高校生は、小さくうなずきながら受けとっています。
もう一人の女性も立ち上がって
ティッシュを渡しに行きました。


うん?よく見ると、その男の子は具合が悪いのでした。
具合が悪くて、
四角いエナメルバッグの上に戻してしまっていたのでした。


次の瞬間、新聞を読んでいたひとりの男性が立ちあがり近づいて、
小声で何かを指示しています。
男子高校生は逡巡しながらもバッグを傾けました。
何をするのだろう、と思った瞬間、
その男性は、バッグの上から流れ落ちた吐しゃ物の上に
新聞をすばやく広げて置き、
自分の足で寄せ集めるように踏みはじめたのです。


その様子を見ていた
さきほどティッシュを渡した女性は、
紙袋から自分の荷物を出し、
空っぽになった紙袋にエナメルバッグを入れるように言っています。
男の子はまた小さくうなずき、
言われたようにしようとするのですが
紙袋にゆとりがなくてスムーズには入りません。
その女性は、手が汚れるのも構わず
紙袋に入れるのを手伝いました。


その間も、さきほどの男性は新聞紙を踏みながら
汚れを集めています。


男の子は女性に座るように言われて
ほっとしたように座席に腰を下ろしました。


新聞紙の男性は、足で掃除を続けたあと、
すくいとるようにしながらまるめて
コンビニの袋にグッと突っ込んで
「もし駅員が来たら、掃除するように言いや」と
高校生に言い残して
袋を下げたまま急いで降りていきました。


入れ替わりに数人が乗車しましたが、
だれも表情を変えることなく
そのあたりを平気で歩いていたので、
すっかりキレイになっていたんだと思います。


さらに次の駅で男子高校生が降りるとき、
いろいろと手伝った女性は、
「財布、落とさんようにね」と声をかけました。
男子高校生は、うなずいてお尻の財布を手で押さえ
一礼して降りていきました。


わたしは、ただ見ていただけです。
何の役にも立っていません。


だれも大声を出さず、
高校生に何かを尋ねることもなく、
駅員さんを探すこともなく、
周囲を巻き込むこともなく、
淡々と静かに手が差し伸べられ、
淡々とすみやかに片付けられました。


「おばさん」も「おじさん」も
ほんとうに、かっこよかった。



自分の用事を片付けるように人を助けてしまう人たち。
さりげなく手を差し伸べて青少年をかばい、守る大人たち。


わたしなど、つい「大丈夫か?」と
大丈夫じゃないに決まっている人に聞いて時間を無駄にし、
何かやってあげると「いいことをした、した!」と
騒ぎ立ててしまうタイプですが、
ほんとうに役に立つ人は、
騒ぎ立てず、大声で語らず、
正義をうたわず、大げさな感謝を求めず、
自分の日常の延長線上で人を助けて
すーっとそのまま日常に戻るんだなあと
改めて思いました。


ほんとうに偉い人は、
口より先に手が出る。
殴る手でなく、救いの手。



フェイスブックツイッターで更新情報をお知らせしています。ツイッターと一緒にブログを読んでもらうと面白さ増します。

ウェブマガジン「どうする?Over40」、ほぼ毎日更新しています。コメントお待ちしています!最近のドジ話を聞かせて下さい!

★いつも応援してくださってありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
関連記事

スポンサーリンク



コメント

No title

機転が利く
って、こういうことですよねぇ。
たまたま読んでた新聞や、荷物をいれていた袋を空けるとか
そういうことに気づいてササッと使うとこ。
そして淡々と行われるところがいいなぁ。

私はじゃっかん嘔吐恐怖症(この文字を見るのもニガテ)で
泥酔してる人を見るだけでも、吐くんじゃないかと怖くなって逃げるので
こういう現場ではものすごく薄情な人になります。
そのかわり
自転車を将棋倒ししてこまってるおばちゃんとかには
さりげなく救いの手をさしのべますから
ここは許してくださいませ^^;;。

  • 2017/04/01 (Sat) 09:49
  • アメちゃん #-
  • URL
No title

男性、女性はおいくつくらいの方だったのでしょうか。
この立場で私なら同じことができただろうか考えます。(できても車掌さん呼ぶくらい?)
50才のいい大人なのだから、こんな救いの手があたり前のようにできるようになりたいです。
きっとこの学生君は、同じことができる大人になると思います。

  • 2017/04/01 (Sat) 11:38
  • perako #JOOJeKY6
  • URL

その高校生も、周りに迷惑がかからないように、エナメルカバンの上で始末しようとしたのかな?

  • 2017/04/05 (Wed) 07:46
  • okosama #-
  • URL

こんにちは。
心温まる記事に触れることができました。
ありがとうございます。

少し前の新聞にも、
冬の日に車の事故に遭遇して外で立っていたら、一緒にいた子供にそっとホッカイロを手渡して立ち去った方がいて心から温まった、という作文が載っていました。

さりげなく手助けできる人に本当になりたいです。

  • 2017/04/05 (Wed) 13:47
  • うた #-
  • URL
コメント、ありがとうございます!

★アメちゃんさん
ああ、その恐怖わかります。
なんか、自分も戻しちゃいそうな感じがするんですよね。
確かに「人助け」にも得意分野と不得意分野がありますね!
それは新しい視点だなあ。
すべての部分で役立とうとせず、
できるところ、得意なところで、がいいですよね。

★perakoさん
男性は50代だと思います。後半かなあ。
本当に親身だったので、わたしは、「高校生を引率する先生かな」と
最初は思ったほどなんです。
女性は、60代後半のおかあさん(バッグを入れてあげた人)と
その娘さん(40代かな)も細やかに気遣ってあげていました。
40代ぐらいの女性もティッシュを渡していました。
私もできるかどうか…自信ありません。

★okosamaさん
うんうん!そうだと思います!
すごく育ちのよさげな男の子でした。
具合が悪いんだろうに控えめでねえ。
全体の清潔感が人々の手助けを呼んだ面もあるかも!

★うたさん
おおお、その記事の方も、
さりげなく、でもしっかりと役に立つ行動ですねーー。
わたしもあれから、バスの優待カードをトイレで見つけて
改札に届けました!
あたりまえ(笑)

  • 2017/04/10 (Mon) 15:25
  • カリーナ #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する