55歳にして開眼か。「つげ櫛」と「ファンデーションブラシ」。


50歳を超えても知らないことばかりです。


たとえば、つげの櫛。


水洗いしちゃダメだとつい先日、知りました。
椿油で汚れを落とし、
手入れをするそうじゃないですか。
なんなら椿油に漬けといてもよいらしいじゃないですか。
知らんかった!


「そんなこと常識です。生まれたときから知っていました」という人も
きっとたくさんいるのでしょう。でも、
「知りませんでした!そもそも、つげの櫛って何ですか」
という人だっているはずだ。


というわけで、改めまして。
つげの櫛は、柘植(つげ)から作られた木製の櫛です。
最高級は、鹿児島県産の薩摩つげらしいよ。


水に濡らすと木が膨み、櫛の歯が狂ってしまう恐れがあるほか、
椿油が抜け、光沢もなくなってしまいます。
また、シャンプーや洗剤で洗っても、きれいに汚れは落ちません。
椿油でお手入れするのが一番です。


・・・とこちらのサイトに書いてありました。


おおお、そうだったのかーーー。
つげの櫛も、油を塗りながら「育てるもの」系だったのですね。
その意味では、バッグや靴、皮ジャンなどと同系列。
蜜ろうを塗る家具なんかとも同系列。


45RPMの井上保美さんが井上保美さんのクロゼットからのなかで
「柘植の櫛はいいですよ。
梳けば梳くほど天然の油が髪にいきわたり、
マッサージ効果もあるのでコシとツヤが出るんです」
と書いておられたが、そういうことか。


こうしてはいられない。
善は急げだ。
さっそく、もらいものの椿油で手入れしよう。
ごめんね。マイつげ。


そして、櫛といえば、ブラシですが、
髪の毛のほうでなくて
ファンデブラシです。
使っていますか。


これは、わたし、知らんかったわけではないんです。


20歳の娘が、毎朝、
リキッドファンデーションを
顔の各所にぺたぺたと塗り、
ブラシで丹念に伸ばしているのを見てはいたんです。
ご苦労なことだなあ、と。
手でよくね??と。
筆は手入れも大変だろうに、と。


そしたら、どうも、ファンデーションをブラシで塗ると
ムラなく均等につくらしいじゃないですか!


かなり前のコンテンツですが
美STの 嶋田ちあき「40代メークの新常識」を見ていたら、
ファンデブラシ、使いたくなった。
このページ、わかりやすいですよ。
(三浦りさ子さんがモデル)


櫛もブラシも
知らないところで活躍していたんだあ。


こちら@コスメのファンデーションブラシのランキング。
一位は資生堂。2位と3位がダイソーという健闘ぶり。
コスメ界における100円ショップの占める位置、かなり大きいですな。


井上保美さんのファッションを紹介する本。つげ櫛愛好家でもあり。



フェイスブックツイッターで更新情報をお知らせしています。ツイッターと一緒にブログを読んでもらうと面白さ増します。

ウェブマガジン「どうする?Over40」、ほぼ毎日更新しています。コメント募集中です。私の場合は、化粧ポーチ。20歳ぐらいから使ってます。ながっ。あなたの使っている年代物はありますか?

★いつも応援してくださってありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
関連記事

スポンサーリンク



コメント

なつかしい

子供の頃に、父がお土産で買ってきた
つげの櫛を思い出しました。

お手入れ椿油なんですね・・・知らなかった!

  • 2017/04/23 (Sun) 11:26
  • asa #-
  • URL

ファンデーションブラシは私も愛用しています。最近のヒットです。ブルーライトを遮断するランコムのBBクリームを高いのに買ったもののテクスチャーが固くて厚塗りになってしまい使わずにいたのが、ファンデーションブラシ使うと、簡単に綺麗にうすーくフィット!手放せません。ツゲグシも興味あり。椿油は年中切らさない私だけど、ツゲグシは持ってません。欲しい!

  • 2017/04/26 (Wed) 22:48
  • まる #-
  • URL
コメント、ありがとうございます!

★asa さん
そうなんですよ!
椿油でお手入れすると
櫛でとくだけで
髪の毛につやがでるんですって!
でも、わたし、まだ一度もお手入れしてません(>_<)
ダメじゃん(笑)。

★まるさん
さすが、もう、使ってらっしゃるんですね!
>ブルーライトを遮断するランコムのBBクリーム
などというものがあるのですか!?
紫外線のみならずブルーライトも!?
ブルーライトは目だけでなく
肌にもよくないのかあ。
いやあ、知らなかったです。
やっぱり、美容の森でも方向音痴だーー。

  • 2017/05/23 (Tue) 21:57
  • カリーナ #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する