健やかな成長があるように、「健やかな老い」もきっとある。


父が事業をしていて
その会社で父の兄弟がほぼ全員働いていたので
長男の嫁である母は、
いろいろと苦労しました。


わたしも姉も、そんな母を見ていたので
なんとなく「苦労をかける親戚ばっかりでイヤだな」と思って
育ってきたのです。


特に近所に住むカズコおばちゃん(父の弟のお嫁さん)を
母はなぜか嫌っていました。


その母が昨年の暮れに亡くなり、
姉としばしば話すのは、
「カズコおばちゃんは、そんなにイヤな人だったのか」ということです。


母が亡くなるまでのおばちゃんの言動、
それ以後の姉に対する言動、
わたしたちふたりの幼いころからの記憶に残るおばちゃんの言動…。
むしろ、とても誠実な人なのではないだろうか?


わたしたち子どもにはわからないことがきっとあった。
それはきっとあったのだろうし、
母の苦労や葛藤はわたしたちにはわからないけれども、


母には、母の「偏った見方」があったのだな。


もしかしたら、
このおばちゃんのほうが
人間としてはデキた人だったかもしれない。


姉と、そんなことを話したりするのです。


最近、「健やかな老い」ということを考えるようになりました。


「健やかな成長」があるように
「健やかな老い」もあるのではないか。



肉体が衰えていくのは当然として
自分自身の見方の「偏り」を自覚すること。
視点を変えてみること。


そして、生まれてくる新しい生命や
若い世代への慈しみと敬意をもつこと。


老いた人や亡き人の新しい面を発見し、
「古いもの」として捨て置かず
もう一度、理解しなすこと。


そんな内面の作業を続けることによって
わたしたちは、
健やかに老いられるのではないだろうか。
そんなことを思うし、
希望を見いだせるような気がするのです。


そんなふうにして
母とカズコおばちゃんに
もう一度、思いをはせてみます。


母とカズコおばちゃんは、
相性が悪かったんだと思います。
母は、おばちゃんのことが嫌いというより
苦手だったんでしょう。


母には、その出自より「上品」な人としてふるまいたい
という気持ちが強くありました。
もっと学びたかったのに学べなかった悔しさが
おすましや気取りとして表現されていたんだと思います。


そんな母にとって
いささかガサツではあるものの
「嫁」という立場にしっかりと適応して
段取りよくテキパキと世事をこなすカズコおばちゃんは
居心地の悪い存在だったでしょう。
自分を無能に感じることもあったんだろうなあ。


そんな母を思うと
愛しく、懐かしく、
心のなかで抱きしめます。


さまざまな人(亡き人も含め)と
出会いなおしていけると思うと
生きているって本当に本当に幸福です。





わたしがもう一つやっている
ウェブマガジン「どうする?Over40」では、
新しい書き手を募集しています。

こちらに詳細を書いています
「こんなことを書きたい」「こんな出会いがしたい」
「こんな企画をやってみたい!」などと思う方。
ぜひ、ご連絡ください。→


フェイスブックツイッターで更新情報をお知らせしています。フォローしたら気軽に話しかけてください♪ちょっとした相談にものりますよー。

ウェブマガジン「どうする?Over40」、ほぼ毎日更新しています。今日の記事は、こちらの記事に触発されて書いたんですよ。ゾロメ日記 NO.71 ひろい空よ僕らは今どこにいる

★いつも応援してくださってありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
関連記事

スポンサーリンク



コメント

これ!

このお話は、今の私に、ドンピシャ!
言いたいことはたくさんありますわ〜。
たくさんあり過ぎてコメントに書けないけど。

  • 2017/06/24 (Sat) 12:19
  • okosama #-
  • URL
No title

 この記事もたいへんな傑作です。
 だれもが経験していることなのに、あまり語られてこなかったことで、この文章から思いをめぐらす人がたくさんいると思います。

 私事を書かせていただくと、「母の偏った見方」について、反抗的な娘であった私は早い時期から気づいていました。いかに、母の価値観や好みに自分がのっとられないようにするか、注意深く自分の目と耳を信じてきたつもりです。(もっちろん、母親はこんな娘はかわいくない・笑)

 でも、最近、半世紀もたってようやく、とても身近な人物ついて、私のとらえ方と思っていたことが、母親のものだったことに気がつきました。冷静に事実を積み重ねて考えれば、すぐにわかることなのに。もしかしたら、母も当人もまわりも、とっくに気づいていて、母のことばを信じていたのは私一人だけかもしれません。

 これは影響なんてものでなく洗脳だと、あらためて驚き、愕然としました。自分を生きるというのは、なんとむずかしいか。

 カリーナさんは、この記事を、あたたかく、やさしく、希望に満ちて結んでいるのに、私はその境地までまだまだ遠く、いたらない読者であります。

  • 2017/06/25 (Sun) 23:24
  • ぺいたお #tQBk5YP2
  • URL
No title

なるほど、子供はこう感じるのか、とちょっとほっとしたような、切ない思いで読ませていただきました。
私は、姑、小姑に、たくさんの嫌がらせをされてきました。でも、二人は、私の子供たちには、やさしいおばあちゃんとおばさんです。私も、子供の胸の痛むかもしれないことは子供に聞かせません。もしかしたら、わかってもらえなかったら自分が傷つくから言わないのもあるかもしれません。
だから、将来、子供たちは、私の少し身構えた二人への苦手意識を思い出すとき、お母さんは、やさしいおばあちゃんとおばさんに構えてて、なんか変だったね、と思うかもしれません。
人は相手により、見せる顔はみな、違います。親は子供の心を守るために、都合が悪いことは言わないので、後ろ手で縛られたようなもので、分がわるいです。
カリーナさんのお母さんはおばさんに、悪気はないけど、気取ってないで、みたいな心に刺さることを言われたこともあったかもしれません。自分の目線だけで、他者どうしの関係を推し量るのは、ちょっとお母さんがかわいそうかもしれません。でも、カリーナさんの目線はお母さんに優しくてほっとします。
いつもすてきな記事を読ませていただいて、どうもありがとうございます。

  • 2017/07/07 (Fri) 21:37
  • よう #-
  • URL
コメント、ありがとうございます!

★okosamaさん
わああ。ほんとですか!?
ドンピシャなんてうれしいなあ。
今度、その「たくさん」を聞かせてください!

★ぺいたおさん
ぺいたおさんが常に、そのように思索をしておられることが
まさしく「自分を生きる」ということなのだと私は思います。
何かを見る「見方」は、「それでいいのか」と問い続けることが
大切なのではないでしょうか。
オバフォー祭りへのメールも、このコメントも胸にしみました。

★よう さん
ご自身の体験と思いを書いてくださってありがとうございます。
いやがらせをされながらも、それを子どもに伝えなかったなんて
なんてすばらしいおかあさんでしょう。
子どもは母親を何よりも、誰よりも見つめているので
ようさんの当時の立場とお気持ちはお子さんは
必ずやわかっていると思います。

  • 2017/07/14 (Fri) 21:05
  • カリーナ #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する