40代。「魔女化する顔」とつきあう方法

歯周病のため
何はともあれ歯磨きに精を出す日々。

左に手鏡を持ち、
歯と歯のすき間につまった
ご飯だの、ゴマだのを掻きだすために
唇を、右に左に上に下に右斜めに左斜めにと
絶え間なく動かすわけですが、

このときの「顔面」の努力たるや
そりゃもう、涙ぐましいものがありますよ。

「歯」という隣接部署の担当業務のために
顔面の独占事業である「表情」を
まったく意に沿わぬ方向に次々と展開する、
そのいじらしさ。

「ああ、こんな方向に
こんなに大きく唇をゆがめるなんて
表情筋の誇りはどうなるんですか!」


という切なる悲鳴が聞こえてきそうです。

もちろんオーナー社長であるところの私も、
心中、決して穏やかではありません。

ソファにあぐらをかき、
シャカシャカ、シャカシャカ、シャカシャカと
ともすれば間抜けに見えるほど規則正しく
歯ブラシを動かす姿は、
傍から見れば癪に障るほど吞気そのものでしょうが、
実態は真逆です。

和歌にするなら(しなくていいんだが)

歯磨きの
手鏡に映る
老け顔が
涙で曇り
かすみけるかな。


というわけで、
年齢とともに
顔は老けます。

まったくの私論で
まったくもって恐縮ですが、
大きく分けるなら、
アンパンマン型
魔女型
漁師型(猟師型でも可)


に区分されるように思います。


アンパンマン型は、いつも笑っているようなふっくらした顔。

魔女型は、ディズニーアニメの傑作「白雪姫」のお后が魔女に変身したときの顔。

漁師型は、なんとなくゴツゴツ、ボコボコして無骨な印象を与える顔。


この分類法の場合、
魔女型と漁師型の区別が何とも難しいところですが、
魔女型の方が、わずかに「たるみ度」が勝るという感じでしょうか。

まあ、アンパンマン型の女性には、
もう勝手に、パステルカラーの服でも着てもらって
ニコニコとかわいいおばあちゃんになっていただくとして。

この魔女型、漁師型、さらにはその混合型の場合、
どうすればよいのか。


この難問に答えるため、

朝、昼、夕ならびに就寝前と
勤勉に歯ブラシを動かし、
見たくない顔をガン見して出した仮説を
披露したいと思います。

が、竜頭蛇尾でまことに恐縮ですが、
あまりに長くなるので、
続きは明日。

【関連記事】
40代。その胸に奮起を促す!


関連記事

スポンサーリンク



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する