「ポツンと一軒家」が見せてくれる、期間限定の遊びと夢の跡。


日曜日に「所&林修のポツンと一軒家」を見ていたら、
北海道のポツンと一軒家が出てきました。


家の持ち主は、確か71歳。
56歳のときに仲間たちと山のあちこちに
それぞれが家を建て、
共同のお風呂も建てて
山暮らしを楽しんだというお話。


大工仕事や水道工事のできる面々ばかりだったので
すべてが手作り。
雪深い冬にもスノーモービルで山にやってきて
手作りのお風呂の窓から満面の笑顔を見せる
うれしそうなオヤジたちの写真も紹介されました。


56歳といえば、わたしと同い年です。
いまのわたしの年齢で家をつくりはじめたのですね。


それから15年が経ち、
案内してくれた男性以外の家は、
無人のまま放置されています。
「この人は亡くなった。
ああ。この人も亡くなった」


そうか。


56歳からの15年ってそうなのか。
56歳のとき、みんなあんなに元気なのに
もう、だれも、もう来られないのか。


夏草や兵どもが夢の跡だ。


笑顔の写真のように
みんなで夢中になれたのは
どれぐらいの期間だったのだろう。
5年?10年?


15年というスパンは、
41歳から56歳までも
それなりに重いけれども
まだ、そのまま継続できる可能性が高い。
でも、56歳からの15年というのは、
ぐっと厳しくなるのだなあ。
もちろん続けられる人もいるだろうが
いろいろな事情で力尽きる人もいる。
期間限定の夢だったのだ。


しかし…


「期間限定の家」でどこが悪い?
「期間限定の遊び」のどこが悪い?
そもそも期間限定でないものがどこにあるのだろう?
人生そのものが期間限定じゃないか。


「だれもいなくなった時点」という
「結果」から振り返るからこそ、
どこか切なく、はかなく、
あっという間に過ぎたような印象をもつし、
空き家というお荷物を抱えただけにも見えるけれど、
5年であれ、10年であれ
その渦中には「ずーっと続くような気持ち」がしたでしょう。
いまのわたしが、いまの暮らしが続くような気がしているように。


「結果」や「結末」から物事を評価することや、
「結果」や「結末」を想定して
あらかじめ否定しようとすることは
一見、賢明で合理的なようで
その実、期間限定の楽しみをことごとく奪ってしまう。


つまりは、人生という「期間限定の喜び」を奪うってことだな。


わたしの、このブログだって
延々やっているように見えても
期間限定ですよ。


「やってどうなる?」って言わないで。
それ、禁句よ。




フェイスブックツイッターで更新情報をお知らせしています。フォローしたら気軽に話しかけてください♪

ウェブマガジン「どうする?Over40」、ほぼ毎日更新しています。昨日はこちらにも書いています。→オバフォー再開&いつの間にか近所の事情通になっていたわたしのこと。

★いつも応援してくださってありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
関連記事

スポンサーリンク



コメント

ありがとう

今日のカリーナさんの文章読んで、感謝の言葉も言える時に言わないと機会を逃すこともあると思いました。だから言います。
いつもありがとう❗️言葉の力で何度も助けてもらいました。

  • 2018/08/21 (Tue) 18:13
  • northwoman #-
  • URL
コメント、ありがとうございます!

★northwomanさん

うおおお!!!まさか、まさか、この記事で
そんな言葉をいただけるなんて思いもしませんでした。
もう、あと100年ぐらい書けそうです(笑)
わたしからも言わせてもらってよかですか。
読んでくださってありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

  • 2018/08/21 (Tue) 23:21
  • カリーナ #-
  • URL
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2018/08/22 (Wed) 07:59
  • #

おはようございます。ブログ、いつも楽しく拝見させていただいています。
私も一軒家の番組を見ました。取り残されたような感じの男性の様子にしんみりした気持ちになりましたが、その時その時で今を目一杯楽しむって素敵ですよね。
“今さらそれをしてどうする?”とか、“今さら無駄じゃない?”とか考えることが賢いようにも思えますが、賢いからだから何なんだ!とも言えますよね。
私は残りの人生を逆算して考えがちなアラフィフですが、計算が得意でもないくせにフリしてるんじゃねーと自分に言いたいです(笑)

  • 2018/08/22 (Wed) 08:26
  • ゆうちゃ #-
  • URL

期間限定でいいんですよね その時が楽しければ  何でも続けなくちゃと思うと気軽に出来ないしね  
ワクワクできることを見つけたいですね  人生短い
私は飽き性なので、お目当てのアーティストも期間限定が多くて[俳優は役柄によって魅力が変わるから] 友達が呆れるけど…
期間限定で夢中もありですよねー(^-^;

  • 2018/08/22 (Wed) 16:12
  • Kireidokoro #-
  • URL
コメント、ありがとうございます!

★秘密コメントのFさん
「カイゴ・デトックス」ではこちらこそお世話になりました!
来てくださって本当にうれしかったです。
慶子さん、Fさんのこと、「お友だちのようにお話できたんだよー。うれしかった」と
とおっしゃってました!

ティム・ガンの記事、本当に初期のものですね!
最近、わたしの「おしゃれストック」は枯渇気味ですが(笑)
ファッションのこと、いろいろお話したいです。
また、その機会を心待ちしていますね。
どうぞ、無理なさらないようにお過ごしくださいね。

★ゆうちゃさん
コメント、ありがとうございます。

「私は残りの人生を逆算して考えがちなアラフィフですが、
計算が得意でもないくせにフリしてるんじゃねーと自分に言いたいです(笑)」

この一文に笑っちゃいました!
そうなんです。わたしも計算が不得意なのでそもそも「未来からの逆算」が
できないんですーー(笑)
でも、それも一つの取り柄かなあとも思うようになりました。
「あら、こんなところに来ちゃった」という
味のある路地に迷いこむ楽しさがある気がします。(いいのかな、それで 笑)
味のある路地でお会いしましょう!

★Kireidokoro さん
わあ。コメント、うれしいです!
そうそう。「続くのか」と自問すると自信がなくなっちゃうけど
夢中の間だけ続けて、やめて、また再開してもいいんだしねー。
「やってみた」「経験ある」ってことが
思わぬところで役だつこともありますもんね。
お目当てのアーティストが変わるの、わかるー。
わたしも熱しやすく冷めやすいから、なかーま\(^o^)/

  • 2018/08/23 (Thu) 09:41
  • カリーナ #-
  • URL
そうだ!そうだ!

カリーナさん、介護デトックスでは楽しいひとときをありがとうございました。

「夢ネタ」、そうだ!そうだ!と思わず大きく頷いてしまいました。私も「そのうちにこういうことやりたい」などという話しを聞くと、「そんな風に思ってるなら早くやれば? やらないと意味ないよ」などついつい言いたくなってしまうのですが、夢見がちでもいいんですよね、いつもいつも現実的でなくても。愚痴を言い続ける老女はありふれていますが、夢見がちな老女、いいかも(笑)。

「夢を夢のままに広げて楽しむ会話ができなかったものか!?
つまんねえやつだよ。」

↑これ、ホントに私にぴったりあてはまります。以前、夢を100個書いてみましょう!と言われ、ぜーんぜん思いつかなかった私って現実的と言えば現実的ですが、さびしいなあと思いました。夢見ることで人生が楽しくなることも多々ありますよね。

いつものことながらカリーナさんの目のつけどころステキ!です。もやもやっと私が思っていたことを言葉にしてくださっている気がします。パチパチパチ、拍手喝さい!

コメント、ありがとうございます!

リバーウェストさん

こちらこそ、「カイゴ・デトックス」ではありがとうございました!
ほんとにあの時間がもてて幸せでした。

パチパチと拍手していただいてありがとうございます\(^o^)/
そうなんですよねえ。
自分の価値観と照らし合わせて異なる考えの人を
正しいかどうか「評価する」という態度、
ちょっとどうよ、自分??って思ったんですよねえ。


>愚痴を言い続ける老女はありふれていますが、夢見がちな老女、いいかも(笑)。

そうなんです!夢見がちな老女、あまり出会わないじゃないですか。
老女にこそ「赤毛のアン!!」(笑)

  • 2018/08/28 (Tue) 14:09
  • カリーナ #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する