恋のカタチは、いろいろ!?

ちょっと古いけども
「世界の中心で愛を叫ぶ」にならって

「橋の中心で愛を育む」話です。

私は、川沿いの道を
毎夕、犬といっしょにボンヤリと歩いています。

するとね、
ほぼ毎回、逢引中のカップルに遭遇するのです。

時間は、午後7時半前後。

幅5メートルほどの川にかかる
小さな橋の真ん中で、
欄干にもたれかかるようにして逢瀬を楽しんでいる様子。

二人はいつも、
街灯に照らされた影が一つに見えるほど
ものすごく、ものすごく密着しているから、
私は、もう、気になって気になって
犬なんかそっちのけで
すべての意識を彼らの会話に集中するんだけど、
何を話しているのかさっぱり聞き取れない。

ただ、ときどき響く女性の声は、
「うちのお父ちゃんがな?」で有名だった
故・大屋政子さん風。(わかる?)

究極の甘え声ですな。

男性はというと、
もっとずっと小声で囁いているらしく
残念ながら、聞き取れた試しがない。

二人の隣には、それぞれの自転車。

女性の自転車の荷台には、
猫用のドライフードがたっぷり。

それは、彼女がただならぬ使命感をもって
そこら辺の野良猫に与え続けているエサであり、
彼女は、そのことでしばしば
近隣の住人に、ものすごい剣幕で怒鳴りつけられています。

何と言うか、
まあ、恋する女は、
野良猫にエサをやり続ける
「独自の信念を貫く人物」でもあるわけですな。

一方、お相手の男性は
私にとってずっと謎の人物だったんだけど、
先日、ようやく判明しました。

いつものように犬と歩いていたら、
私たちのはるか後方から
リンリンリンリンリンリンリンリンリンリンと
自転車のベルを間断なく鳴らして走り寄ってきたその人が、
暴走自転車を止めたのがまさしく
女性が待つ橋の上だったから。

恋する男も、
「そこのけ、そこのけ、おらが通る」とばかりに
自転車のベルを連打する
「独自の信念を貫く人物」だったのです。

恋する女、推定年齢71歳。
恋する男、推定年齢67歳。

なぜ、公園のベンチでなく橋なのか。
なぜ、端っこでなく真ん中なのか。
なぜ、居酒屋やカラオケでないのか。
いったいなにが、二人を結びつけたのか。

周囲を気にしない二人が
どこかで出会い、どこかで絆を育み、
こうやって周囲を気にせず密着している。

なんかね、いつも、
間に割り込んでグチャグチャにしたいような
じっくりと馴れ初めを聞きたいような
もっと凝視して怖がりたいような
友だちになってみたいような
なんともいえない気持ちになる。

それにしても、
二人はいつもクスクス笑いながら、
うなずきあい、深く賛同しあっているのだが、
いったい何が語られ、
何に対してコンセンサスがとられているのだろうか。

人生いろいろ。絆もいろいろ。

恋って、不思議だあ。

【関連記事】
ピンクな年増よ、どこへ行く?


関連記事

スポンサーリンク



コメント

秘すれば花

新幹線の改札口で若い恋人同士が楽しかったデートの別れ際、彼氏がもじもじと身体をくねらしてすっと改札を通る彼女を切なそうに見送るような光景を以前見まして、なんかほほえましいような応援したくなるような気持ちが沸きましたが、こちらの老カップルには”なんともいえない気持ち”が沸きだしたのですね。

若いと言う事はそれだけで花があり美しいものです。もじもじ君(若い彼氏です)は愛してるとか
待って、と言う言葉をくっとおさえ現実に耐えている。この努力が見えたからほほえましかったんだろうな、
年をとると言う事は花も無くなり、世間の目は
それだけで厳しい事になります。それなのに本人は我慢する体力や気力が落ちて第三者の気持ちを考慮する余裕が無くなってくるから見苦しくなりますね。

あくびのおばさんもそうですが、やっぱり公共の場で人様が居る時はその人に礼を尽くし、欲望を抑える努力をしないとエレガントではないな~って思います。
でも私もお調子者なので人事では無いんですよね(爆)

  • 2009/09/08 (Tue) 20:32
  • あっころ #-
  • URL
★あっころさん

こんにちは(^O^)/あっころさん!

ほんとあっころさんが書いてくださったようなことを感じたんですね。

それで、あんな風に書いたんですが、

あれ?私、もっとほかのことも感じていたんじゃないかな?とか
あんな書き方でよかったのかな?と
昨日は、ちょっと自問自答していました。

年をとると言う事は花も無くなり、世間の目は
それだけで厳しい事になります。それなのに本人は我慢する体力や気力が落ちて第三者の気持ちを考慮する余裕が無くなってくるから見苦しくなりますね。


ああ、そうなんですよね。
そのとおりなんです。

ってか、あっころさんのほうが指摘が的確だし(^_^;)

でもね、それをそうやって見つめる自分って何よ
とも思ってしまい・・・

ちょっと続き記事を書いてみたので
今日、またアップしますね。

  • 2009/09/09 (Wed) 08:17
  • Carina #-
  • URL
No title

言いにくい気もしますけど言っちゃいますと、
私は嫌いじゃないですね~。こういうの。

実際見ていないので断言できませんけど、羨ましくさえ感じるかもしれないなーなんて思いました。

70歳前後にして、早く会いたい!話がしたい!!って思えるなんて・・・。
そういうほとばしる(^^?)感情なんてとっくに薄れるお年頃なのに。

それに比べたら私たちなんてまだまだひと花もふた花も咲かせられるわっ、って希望が持てます。
恋に限らなくともデス。
ヘンに達観しちゃったら損って気がします。

ついでに言うと、自転車のベル、
背後から来る自転車に気付いてないとき、無言でギリギリのところをビュンと通り過ぎる人の方がイヤ^^;
遠慮なく、気づくまでジャンジャン鳴らしてほしいです。
で、通り過ぎ際に「すみませ~ん^^!」と一言あったら言うことなしデス^^

  • 2009/09/09 (Wed) 14:06
  • ヨウコ #IwiPhfUQ
  • URL
★ヨウコさん

こんにちは!

もうどんどん、言っちゃってください(^O^)/

そうなんですよねえ。
私も、この記事書いてから、ちょっと「あれ?これでいいのかな?」って
自問したんです。

それに比べたら私たちなんてまだまだひと花もふた花も咲かせられるわっ、って希望が持てます。
恋に限らなくともデス。
ヘンに達観しちゃったら損って気がします。


名言!そうですね!
その勢いでいかなくちゃねv-91

おっ?ヨウコさん、自転車リンリン支持派ですか?

でもね、このおじさん、「気づくまで鳴らす」のでなく、
「気づこうと気づくまいと、自転車に乗っている間、
途切れなくずっ~と鳴らし続けている」
人なんですよ(笑)すごくない?

  • 2009/09/10 (Thu) 08:24
  • Carina #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する