愛のカタチは変わる。「かつてのように愛せない」と苦しまない。


夫は昨年の9月1日に倒れたので
あとひと月半ほどで丸一年になります。


これまで「この時期は、二人で、こういうことをしていた」とか
「この日、彼は、こんなことを言っていたなあ」というかたちで
「夫が暮らしのなかにいた一年前」を
ことあるごとに、ふりかえっては懐かしんできたけれど、
次の9月1日を迎えてしまうと
「去年も、夫は暮らしの中にいなかった」ということになるので、
それが、寂しいなあ、いやだなあ、
そういう一年を、これから重ねていくのかと想像すると
虚しいなあと思います。


疾走し、選択と決断を繰り返してきた一年が過ぎたあと、
わたし、どうやって生きていくのかな。
まあ、生きてはいくんだろうな。
それなりにたくましく。


一年前までの夫と
病床の夫は、
同じではありません。


ほぼ毎日、夫に会いに行ってはいるけれど
同じ夫ではない。


清潔にしておきたい。
居心地よくしておきたい。
肌をすべすべとしておきたい。
体をやわらかくしておきたい。


今、夫に対して思うのは、
そういうことであって
「あの話を聞いてほしい」
「一緒にこういうことをしたい」という相手ではない。


愛情のカタチは、変わったのです。


肉親を看病したり、介護したりしなくてはならなくなったとき、
「変わらぬ愛」を周囲も、自分さえも自分自身に求めることがあるけれど
それは、「愛」というものへの過信と誤解です。


愛情のカタチは、絶え間なく変わるもの。


男女の恋愛がいつしか同士愛のように変わったり、
子どもへの愛情が「手をかけるもの」から
「見守るだけのもの」に変わったり、
親への依存的愛情が、その老いとともに
保護者的責任感に変わったり…。


自立を促した子どもから
いつまでも頼られることを腹立たしく思い、
その逆に、親からいつまでも
過度に心配されることを疎ましく思うのは、自然なこと。
親子の間だけでなく
あらゆる人間関係において
愛情のカタチは絶え間なく変わるのです。



わたしは、日に何度も、
夫が回復し、見慣れた笑顔で
玄関を開けて帰ってくる様子を想像し、
その奇跡を目の当たりにして驚く自分と
それからの反応と安堵を事細かに思い描きます。


そうなったら、どれだけいいだろうと思う気持ちと
愛のカタチが変わったことを冷静に見つめる気持ちは
わたしという一人の人間のなかに共存している。


どちらかが正しいわけでなく
どちらかがあるべき姿でもない。


愛のカタチの変化に
「わたしって冷たい人間なのか」と
悩む必要はない、そう思っています。



私の連載コラム「献身と保身のはざまで」、上毛新聞でも7月29 日(月曜)より掲載がスタートするときゅっぴぃさんに教えていただきました。きゅっぴぃさん、お問い合わせいただき、また知らせてくださり、ありがとうございます!


そのほかに現在、熊本日日・岐阜・山陰中央新報・四国・茨城・秋田魁新報・山陽・埼玉・愛媛・神戸・徳島・北日本・静岡新聞・福井新聞・信濃毎日・岩手日報・東奥日報・神奈川・佐賀・宮崎日日新聞でも掲載(終了紙もあり)されています。

  詳細や経緯はこちらの記事をご覧ください。

似た境遇の人はもちろん、さまざまな責任を負いながら奮闘する同世代の女性に伝わるようにと願いながら書いています。お住まいの地域の方、読んでもらえたらうれしいです。




フェイスブックツイッターで更新情報をお知らせしています。フォローしたら気軽に話しかけてください♪リアルタイムにツイートしているのでライブ感あります。

ウェブマガジン「どうする?Over40」、ほぼ毎日更新しています。月曜には、こちらにも書いています。→おやつとおじさんは、スー(犬)の友だち。私には、ちと面倒でも。

★いつも応援してくださってありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系






関連記事

スポンサーリンク



コメント

No title

心打たれました。

社会的なこうあるべしに従って行動していたとしても、心がその枠からはずれていくのはとめようもなく。とめようもないのにとどまっているだけでも大変。
私は自分が責任を果たさないとしたら自分を責めるけれど、自分が何思っているかなんて、たとえ醜くとも、もう正直にあるがままを認めちゃう。
人には言わなくてもね。自分の行動には規制をかけても、心は放任。

  • 2019/07/19 (Fri) 22:14
  • Jane #-
  • URL
愛は水の流れのように

素敵な記事をいつもありがとうございます。
愛情の度合いもカタチも変わらないのが美徳!という根拠のない常識⁉に縛られ、振り回される『良い人』をやめることにしました。
水が形態を様々に変えるように、人の心も感情も正しさもその時々で変化し、水の流れのように澱まずに、絶えずさらさらと進んでいきたい!と思いました。

  • 2019/07/19 (Fri) 22:30
  • 和楽氣 #-
  • URL
全て自分の中に

素敵な文章をありがとうございます。

恋人を亡くして、それまでは会わない時間が続いているだけのように思っていたのが、一年が過ぎた時に、もう本当に帰って来ないんだ、二度と会えないんだと思って寂しくなったのを思い出してうるうるしちゃいました。

彼が亡くなる前、彼の娘さんに
「父のことを想って下さる気持ち、大変ありがたいです。でも長い人生ですから、その気持ちに縛られることの無いようにお過ごしくださいね。
どうか幸せになってください」
と言われました。
ただ目の前のことしか考えていなかった私には、目からウロコの言葉でしたが、誰よりも自分が自分を幸せにしなきゃいけないんですね。そんなことを教えてもらった気がしています。

愛の形が変わるだけだと思うんです。
愛がなくなるのではなく、お互いの関係に一番ふさわしい形になっていく。
そしてどの愛も自分の中にあるんだと思います。

  • 2019/07/20 (Sat) 10:27
  • ぶんぶん8 #-
  • URL

私も、三年前脳出血で母が倒れた時に、心の中では、回復し元気になった母の姿を何度も思い浮かべていました。けれど、客観的に見ればどうやっても元通りにはなれない事はわかる訳でして…。
その客観的に見るという態度が「冷たい」と他の家族や親戚に非難される事もありましたが、そうですね、奇跡を願う心と、現実を見つめる冷静さは共存しても良いのですね。
そして、愛のカタチは変わる。確かにその通りだと思います。もやもやしながら抱えていた気持ちをカリーナさんに言葉にしていただいて、本当に有り難いです。
そうそう、私の地元の上毛新聞でも連載が始まるとの事。この夏の帰省のタイミングで丁度読むことができるので、これもまた嬉しいです!関係各位の皆様、ありがとうございます。

  • 2019/07/20 (Sat) 12:01
  • xiaoxiao #SuRLNBwo
  • URL
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2019/07/20 (Sat) 13:14
  • #
カリーナさん☆

こんにちは♪

カリーナさんブログと出会ったのは、6年前くらいかな?
気持ちがしんどかった時期で、
カリーナさんブログにくるのが
ひとつの救いになってました。

共感できて、刺激を受ける人と話せるような
感覚がありました。
毎回コメントを入れたくなるくらいで
しつこいんじゃないかと気にしてました(笑)

あの時も今も、自分の家族にそれなり色々あり
コメントには書けないですが(くどくなるし)
以前と同じように共感しながら読み、応援しています。

広く世の中に知られると、共感される人も増えるけど、
同じ感性のない人にも知られるし、
八つ当たりみたいなのも発生すると思います。

でも正直に率直に思いを書いてきたカリーナさんだから、たくさんの人に支持されて
広く読まれる事になったと思います。

愛情のかたち
その底にある愛情は同じでも
冷静にいなければ、愛の仕事がうまく現実と折り合わないですよね。

冷静でいたらいたで、温度差とか理解の差があったりもするし。

あとね、余計なことかもしれないですが
当然ながら
ご主人にもカリーナさんへの愛があり、
言いたいことがありますよね。
ご主人にとって、カリーナさんの愛の仕事は
なんの不足もないはずです。
読者として読んでて、
その登場人物に入ってしまってると思って
お許しくださいね。

  • 2019/07/26 (Fri) 18:13
  • asa #-
  • URL
コメント、ありがとうございます!

★Janeさん
わあ。Janeさんに「心打たれる」と評していただき、光栄です!
この記事のようなことは、しばしば考えていましたが
なかなか文章にはできず、新聞連載にも間に合いませんでした。
でも、どうしても書いておきたかったのでうれしいです。

>自分の行動には規制をかけても、心は放任。

わあ。うまい表現!
自分だけでも心を放任にしないと
苦しくてたまらなくなりますもんね。


★和楽氣 さん
ありがとうございます。
私の文章以上に、私が書きたかったことを表現していただきました。
そうなんですよね。「変わらぬ愛」という
ロマン主義的(?)縛りにとらわれて
自分を責め続けてしまいますが、
もしかしたら、これって比較的最近のことかもしれない、とさえ思います。
かつて、人々はもっと異なる感覚をもって自分を受容していたかもしれませんね。
いろいろなことを思います。

★ぶんぶん8さん
あああ。そんなことがおありだったのですね!
恋人を亡くす、という経験は、本当につらく
受け入れがたいことだったでしょう。
そして、彼がいなくても生きていける自分に
申し訳ないように感じる瞬間もあったのではないでしょうか。
実を言うと、私も、そんな自分にかすかな罪悪感と幻滅と
現実感のなさを感じることがあります。

>愛の形が変わるだけだと思うんです。
>愛がなくなるのではなく、お互いの関係に一番ふさわしい形になっていく。
>そしてどの愛も自分の中にあるんだと思います。

素敵な言葉。心に刻みます。

★xiaoxiao さん
あああ。そんなご経験をされたのですね。
私が文章を書く時に、届いたらいいなあと思う方に届いてうれしいです。
書いてよかったです。
そうなんです。祈る気持ちと現実を受け入れる気持ちは共存すると
今回のことで知りました。
そして、それを「いけないこと」のように思わせる社会的な抑圧は、
当事者を苦しめると思いました。
上毛新聞のこと、教えてくださってありがとうございます!
また、ご感想など教えていただけたらうれしいです。

★秘密コメントのYさん
私か、と思うほど、同じシチュエーションを想像します!
もう一つは、どこかを歩いていて
その遠い先に夫がいつものように、何もなかったように表れて
こちらに向かって歩いてくる姿です。
そして「それは、もうないんだなあ」と再確認するのですが
思い出したり、思い描くことは、とても甘美で楽しい瞬間でもあるのです。
愛のカタチは変わると思います。
私の文章が少しでも気持ちの解放につながったら、こんなにうれしいことはありません。
こちらこそ、感謝です。

★asaさん
ブログのコメント欄を通じてしかasaさんのことを存じ上げませんが
お言葉の端々から、お人柄を想像し、
勝手に親近感をもって、過ごしてきました。
そして、こんなに温かなコメントをいただき、
胸が熱くなりました。
本当にありがとうございます。
この出会いに感謝します。
asaさんも日々、責任を果たす時間をおすごしと思います。
暑いですし、体に気をつけてくださいね!!


  • 2019/08/12 (Mon) 18:18
  • カリーナ #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する