いいことも、悪いことも、迎え撃って乗り越えて生き抜こう。


夫に好きな人ができて
家を出てしまったけれど、
「たまには、戻ってくるんじゃないかな。
そんな気がする。
もし名残惜しくなっても
『今度はいつ来る?』とは聞かないでおこう」


「でも、離れてしまうと
余計いい人に思えるなあ。
いつの間に、
こんなことになってしまったのかなあ」と、
未練タラタラ考えはじめたら、
うっすら寂しくなった


次の瞬間、


「あれ、そうだったっけ?
ちょっとおかしいぞ。
…あああ。違う、夫は倒れたんだ。
そして意識不明になって
いまも、病院にいるんだ」


と気づき、


好きな人ができて出て行ったのではなかったと
ほっとしていいのか、
ふらりと元気に戻ってくる可能性はないと
がっかりすべきなのか
よくわからない感触の初夢を見ました。


あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。



しかし、いいのか、悪いのか、
よかったのか、よくないのか、
どちらもよくないような、
どちらかがマシなような、
よくわからない夢だな。


人生は、人間が思い描くような
わかりやすい「幸せ」と「不幸」に
区別できるものではないという
ご神託かもしれんな。


味わい深し。


夢でご神託を受けるまでもなく、
今年も、いいことだって多少はあるだろうし、
悪いことだってあるでしょう。
疲れたり、イヤになったり、
思いもしないアクシデントがあるかもしれません。
いや、あるかもしれないではなく
あるに違いないと思っておくほうがいいな。


そんな一年、来い。
迎え撃って
乗り越えて
生き抜いてやるからな。


2020年という新たな船出。
荒波が待っているのか、
凪が続いているのか
わかりませんが、
ときには、波に身を委ねて
天を仰ぎながらプカプカと浮き、
太陽の光を全身に浴びて
生きている喜びに
ヒリヒリしたいものです。


今年も書きます。
おつきあいくだされば、
うれしいです。


フェイスブックツイッターで更新情報をお知らせしています。フォローしたら気軽に話しかけてください♪リアルタイムにツイートしているのでライブ感あります。

ウェブマガジン「どうする?Over40」、ほぼ毎日更新しています。昨年最後の記事はこちらです。淡々と勤勉に、明るさと温もりをもって。

★いつも応援してくださってありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
関連記事

スポンサーリンク



コメント

No title

初夢と いう概念も 忘れたり

あけましておめでとうございます。今カリーナさんの記事を読んで、初夢というものをすっかり忘れていた自分に気づき、軽くショック。物忘れもここまで進んだか?初夢見てないと思うけど、見たのを忘れたか?若いころは詳細で印象深い夢を毎日のように見ていたものですが、年とともに夢を見ることがなくなりました。日本に七年間行ったことがなく、紅白も朝ドラも正月も無縁の世界で、日本の感覚というものがこういうふうに抜けていくのでしょうか。
味わい深し。
まあ、初夢で見たことが何か当たったとかいうことも、過去になかったですけどね。

初夢は 忘れて特に 困らない

コメントのお返事ありがとうございました。

  • 2020/01/04 (Sat) 03:55
  • Jane #-
  • URL
謹賀新年

何気ない日常の中から 誰もが感じることを的確な言葉で捕らえる記事、
今年も楽しみにしています。

  • 2020/01/04 (Sat) 09:51
  • raffine #ZPokdGkI
  • URL
今年も書きまくって下さいませ

明けましておめでとうございます。
新年から逞しい決意表明に拍手喝采!
「花も嵐も踏み越えて行くが女の生きる道」
でもまぁ頑張りすぎず、花に埋もれてみたり、嵐に巻き込まれて揉みくちゃになったり、浮いたり、沈んだりしながら、励まし合ったり、助け合ったりしてたら、いつの間にか笑い合えてた(^w^)(*^▽^*)なんてのが理想?
今年もそれぞれの人生を味わい尽くしましょう!

今でも『献身と保身のはざまで』検索して私の拙いブログ記事を読みに来て下さる方がいらっしゃいまして、こちらこそありがとうございます。お会いしたことはないけれど、心の心友(しんゆう)みたいに勝手に思っています(*^^*)

  • 2020/01/04 (Sat) 23:56
  • 和楽氣 #-
  • URL
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2020/01/06 (Mon) 15:32
  • #
あけましておめでとうございます

夢診断的にはどうなんですかね。頭は夜寝ている間もいろんな活動をして事実を整理したり現実を受け入れたりしているのかもしれませんね。
今年も色々待ち受けているんでしょうね。願わくばジーンと痺れるような幸せや、輝かしい勝利や、震えるような感動を味わいたいものです。そのためにヒリヒリするほど緊張したり、失敗して泣いたり、不安に苛まれたりしたいものです。多分無理だけど。願いくらいは持とうかと。今年もよろしくお願いします!

  • 2020/01/07 (Tue) 23:48
  • まる #-
  • URL
いなくなるということ

新聞の連載に出会った頃、夫も闘病中でした。検査入院の2ヶ月前にぎっくり腰と自分で言いなかなか治らず検査入院からそのまま一年入院して他界しました。遠方の病院にせっせと通い仕事もしながらの一年でした。何をどうしたら一番ベストだったのだろう。深い後悔ばかりが残りますが子どiもに 全てがベストだったんだよ と言われた事が、この負け試合のひとつの救いでもあります。まだ亡くなって3ヶ月にもなりません。落ち着くはずもないのですが、我が家には90歳を超えた主人の母がいます。日々生活する上で常に重く私達にのしかかっていた存在を、今ひとり受け止めるのは正直重荷です。夫とふたりならではの事だった。夫は一年間ベットで頑張ったけど、今思うのは夫が死にそうという事と夫が死んでしまったという事はあまりにも違う。当たり前だけど。
つらつらと書きました。連載が重なって私の心の支えになりました。感謝。

  • 2020/02/01 (Sat) 06:48
  • カコ #Ism3WPCY
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する