みんな無意識に鍛えている?「サバイバルへの筋力」


キングコングの梶原雄太さんが
カジサックとしてYouTubeをはじめ、
チャンネル登録者数100万人を超えたのが
ついこの前だと思っていたら、
今や、芸人さんたちがなだれを打つように
チャンネルを開設。


いやあ。何が変えるって
ウイルスが世界を変えますね。


生物学者・福岡伸一さんの
「ウイルスは撲滅できない」
福岡伸一さんが語る動的平衡




…ウイルスは現れた。高等生物の遺伝子の一部が、外部に飛び出したものとして。

つまり、ウイルスはもともと私たちのものだった。それが家出し、また、どこかから流れてきた家出人を宿主は優しく迎え入れているのだ。

なぜそんなことをするのか。それはおそらくウイルスこそが進化を加速してくれるからだ。

親から子に遺伝する情報は垂直方向にしか伝わらない。しかしウイルスのような存在があれば、情報は水平方向に、場合によっては種を超えてさえ伝達しうる。




この最後のところ、すごいな。


確かに親から子に
遺伝子を伝えようと思えば、
宿主が生殖可能になるのを
待たなければいけないし、
その子の成長も待たないといけない。
さらに生殖のチャンスも待たないといけないしな。
考えようによっては悠長な話だ。
しかも「垂直方向」にしか伝わらない。
でも、ウイルスなら、
「今、この瞬間」「わずか数か月の間に」
「水平方向」に
ばーーーーっと伝達というか
伝播するもんなあ。
その伝わり方の恐ろしさは、
今回の新コロナでよーーーくわかりました。



感染という遺伝情報の超・効率的伝播!!



昨日、犬の散歩をしていたときのことですよ。
わたしがここに引っ越してきて20年余り。
ずっーーーーと草ボーボーだった空き地に
親子3代と思われる
おじいさん、おばあさん、
おとうさん、おかあさん、
それに小中学生の子どもふたりで
畑を作っていました。
もう、ほぼ出来上がっていて
畝、造成中だった。


サバイバルファミリー感、農耕!
じゃなくて濃厚!!


あれだな。
コロナ自粛で
みんなで過ごす時間が増えて
子どもたちも家の中ばかりじゃ退屈するし、
かといって人混みには出たくない。
「あの土地、耕すかあ!」
ってなったんでしょうね。


その動機の底には、
「これからの時代、食料だぞ」感が
「野菜、作っておいたほうがいいぞ」感が
あったとも思う。


そこからほど近い新築マンションの前では、
お父さんの掛け声のもと家族全員で、
竹刀を振っていました。
竹刀だって
平常時なら、子どもたち「いやー」って
言うんじゃないかな。
「いやー。目立つー」とか。
それが、今だから。
新コロナだから。
「竹刀、振ってみようか」
「仕方ないな。振ってすっきりしようか」
となるんじゃなかろうか。


みんな、意識せずとも
「サバイバルへの筋力」を
鍛えようとしているのか。



わたしも特になにもしなくても
どことなく疲労感漂うのは、
心身が「適応しよう」とがんばっているのかも。
きっとそうだな。
そうに違いない。


今日も、ほんと
それぞれの「適応」への努力、
お疲れさま。


【お知らせ】完売いたしました。たくさんのご購入、ありがとうございます!カイゴ・デトックスのマガジン、おかげ様で残り数冊となりました。ご購入の方は、お早めにご連絡ください。
わたしの記事で内容を紹介しています。
読んだ方の感想もご紹介しています。
ぜひご覧ください。




フェイスブックツイッターで更新情報をお知らせしています。フォローしたら気軽に話しかけてください♪リアルタイムにツイートしているのでライブ感あります。

ウェブマガジン「どうする?Over40」、ほぼ毎日更新しています。この月亭つまみさんの記事、おすすめです。【閑話休題】番外編 ミルクボーイ風「エースをねらえ!」
★いつも応援してくださってありがとうございます!ハッピースマイル

にほんブログ村 ミセス系
関連記事

スポンサーリンク



コメント

No title

うちの田舎の母も「じゃがいも植えるわ」「田舎は畑があるから退屈しない」と言ってきます。「洋裁も趣味だからやってれば退屈しない」そうで、前は絶対使わない手芸物を送られてきて困りましたが、今度は布マスクを送ってくれるそうで、母の趣味今まさに時を得たり。
私がうちで消費する野菜の9割を買っていたスーパーが突然一カ月閉店しましたが(消毒かな~)、店の外の園芸コーナーは開けています。園芸も普段ならこの時期花の苗でいっぱいですけど、今春は野菜の苗が目立ちますよ。
開いているスーパーの花コーナーも、外出制限当初はまだ種類豊富でしたが、在庫がつきてきたのか乏しくなり、代わりにバジルやアロエの鉢植えなど、実用的でコロナ感を反映したものが出てきました。
ステイホームが長くなるにつれ、実益とか生産性のありそうな暇つぶしを求めるようになり(「こんなことしてちゃいけない感」もあるのでしょう)、売る方も消費者のそういう心理をうまく掴むのでしょうね。私は緩くやるはずが、庭掃除に必要以上のこだわり発揮!子供に「やらなくてもいいことやってさー好きでやってるんでしょ誰もやれと言ってない私は手伝わないよ」と言われつつ、好きじゃないんだけど、どうにもとまらない。一般的に正しく好ましいとされるが面倒でもある行為に、平時ではあり得ないのめりこみ...、多くの人がストレスを感じているんですね。

  • 2020/04/25 (Sat) 00:57
  • Jane #-
  • URL

農耕ファミリーいいですね!竹刀ファミリーも!お父さんのかけ声聞きたい。Janeさんのお母様の手作りマスクもいい話。今までにないたくましい特技が輝いてみえる今日この頃ですね。生物としての逞しさが。

  • 2020/04/26 (Sun) 22:14
  • まる #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する